• twitter
  • instagram
SEARCH

WATCHES- 時計 -

2020.11.30 PR

エプソンの腕時計〈トゥルーム〉が僕らにぴったりな3つの理由

腕時計は毎日つけるものだから、忙しく働く平日ものんびり羽を伸ばしたい休日も、どちらも頼もしく寄り添ってくれるものがいい。エプソンが長年の技巧を注いだブランド、〈トゥルーム〉にはそんなワガママに答えてくれる腕時計があった! 作りにこだわり、さらに価格を抑えることにもこだわった高コスパな新モデル「L Collection -Break Line-」。仕事に遊びに、毎日が忙しい僕らの新しい相棒になること間違いない!

■〈トゥルーム〉ってどんな時計ブランド?
■〈トゥルーム〉「L Collection -Break Line-」3つの魅力
■〈トゥルーム〉「L Collection -Break Line-」を毎日の相棒に

NEXT

2/6PAGE

 

■〈トゥルーム〉ってどんな時計ブランド?

プリンターでお馴染みのエプソンが、2017年にスタートさせた腕時計ブランドの〈トゥルーム〉。これまで様々な精密機器を手掛けてきた同社が、独自の技術を丁寧に注ぎ込んだブランドだ。スタートこそ2017年と日が浅いが、じつはエプソンは以前より腕時計の開発・製造を担い、世界初のクオーツ式腕時計の開発や、GPSソーラー時計などを発明したことでも知られる影の立役者。高度な技術力を持った頼もしいメーカーのブランドなのだ。そんなブランドから、新ムーブメント・スイングジェネレータを搭載したモデル「L Collection -Break Line-」が登場。その魅力を順に見ていこう。

 

NEXT

3/6PAGE

 

■〈トゥルーム〉「L Collection -Break Line-」3つの魅力

スイングジェネレータを搭載した〈トゥルーム〉の新モデル「L Collection -Break Line-」は、エプソンが誇る時計作りの技巧を多くの人が体感できるよう、価格を抑えたエントリーモデル。L CollectionのLは、Land(ランド)を意味し、日常使いはもちろん山登りなどのアクティブなアウトドアシーンでもその魅力を存分に発揮してくれる。その魅力は大きく分けて、①シーンを問わないデザイン性、②頼もしい機能性、③差がつく上質な素材使い、この3つ。これから細かく紐解いていく。

魅力①

都会と大自然、どちらのシーンにもマッチ!

《ビジネスシーンでも》

 

ビジネスマンにふさわしい説得力をあたえてくれる

腕時計は、その人となりを表現する大事なピース。どんな腕時計をつけているかで、自分にはその気がなくても他人からセンスを図られてしまうことだってある。咄嗟の印象が大事なビジネスシーンなら、ますます手元にどんな腕時計をつけるかこだわりたいところ。茶色のレザーベルトにクリーム色の文字盤を組み合わせたクラシカルなモデルなら、日常もおしゃれ心を忘れない余裕と、頼もしい大人の落ち着きをアピールできる!

 《アウトドアシーンでも》

 

ナチュラル&タフなデザインが大自然でより映える

使い込んだようなしなやかなレザーベルトや絶妙なカラーリングの文字盤は、こなれた大人の休日にもぴったり。緑の多い自然のなかでも違和感なく馴染んでくれる。じつは、新モデルはケースサイズを従来より2mmほど小さくしている。カジュアルな普段着の手元にもスッと収まり、つけ心地も向上。アウトドアシーンにも気兼ねなくつけていける!

トゥルーム「L Collection -Break Line-」はカラバリも豊富!

まずは1本欲しいメタルブレス
精悍な顔立ちのメタルブレスタイプは、ブラックとグリーンの文字盤でラインナップ。定番ながらどっしりとした存在感があり、腕時計で手元に自信をつけたいときに最適だ。オールブラック[TR-ME2008]やシルバーブレス×グリーン文字盤の[TR-ME2007]はよりカジュアルな雰囲気。まわりとはひと味違う手元を演出したい人に。ケースサイズ52.9×45.4㎜、10気圧防水、自動巻き(スイングジェネレータ)、チタンケース&ブレス。左/[TR-ME2009] 中/[TR-ME2008] 右/[TR-ME2007] 各9万円

カジュアル派にうれしいナイロンバンド
よりカジュアルな見た目が特徴のナイロンバンドタイプ。オンよりもオフにこだわる人、山登りやキャンプが休日の趣味な人にはこちらのタイプをオススメしたい。大自然を感じるグリーンと使い勝手抜群なブラック、どちらも捨てがたい! ケースサイズ52.9×45.4㎜、10気圧防水、自動巻き(スイングジェネレータ)、チタンケース、ナイロンバンド。左/[TR-ME2003] 左中/[TR-ME2010] 右中/[TR-ME2001] 右/[TR-ME2002] 各8万円

クラシックなレザーバンド
大人な手元を演出したいなら、やっぱりレザーバンドタイプが一押し。茶色×クリーム色の落ち着いたカラーリングが、気負いすぎない余裕のある雰囲気を作り出す。ケースサイズ52.9×45.4㎜、10気圧防水、自動巻き(スイングジェネレータ)、チタンケース、レザーバンド[TR-ME2004]8万円

  

NEXT

4/6PAGE

 

魅力②

技術が詰まった”語れる”機能たち!

”スイングジェネレータ”は光も電池も要らない

 

 

「L Collection -Break Line-」の一番の推しポイントと言えるのがこの”スイングジェネレータ”。裏蓋からその様子が見れるこのムーブメントは、電池や光は使わずに腕の動きだけモーターが発電し、動力となる新技術。何がスゴイのかというと、一般的なクオーツ時計は3~4年に1度の電池交換が必要で、ソーラー時計は電池交換が必要ないものの夜間や暗闇では充電することができない。”スイングジェネレータ”を搭載していれば、これらのデメリットが発生せず、電池交換も光もなしに腕時計を半永久的に動かすことができるのだ。電池の要らないエコな腕時計は、サステイナブルな生活が注目されるこの時代にもマッチ。さりげなく環境に配慮したアイテムを選ぶ姿勢も、未来を見据えた大人としてのカッコよさにつながるだろう。

”GMT機能”を持つ腕時計は旅行や出張に便利!

2カ国の時刻が同時にわかる”GMT機能”を搭載。赤い針がGMT針となり、ベゼルに施された24時間目盛りを使って時間を読み取る仕組みだ。出張や旅行で海外に行く際などに重宝する。

ルミナスライトで暗闇でもストレスフリー

暗闇で発光するルミナスライトを、通常よりも多く盛って視認性を向上。さらにベセル部分の6、12、18、24の4カ所にも塗布! 外装にルミナスライトを施すことはとても珍しく、高度な技術を持ったトゥルームならではのディテールと言える。

 

NEXT

5/6PAGE

 

魅力③

まわりと差がつく上質な素材使い!

傷や衝撃に強いベゼル・ケース

アウトドアシーンを想定したモデルというだけあって、腕時計を構成するパーツはどれも頑丈。ベゼルはすれ傷に強いセラミックを採用し、外周に側面からの衝撃によるカケなどを防ぐチタンリングを装備している。

ステンレススチール製が一般的なケースは、軽量でサビに強く、肌に優しいチタン製に。プロテクトコーティングを施すことで、さらに傷がつきにくい仕様に仕上げている。ベゼル・ケースともにアウトドアにも適応するタフさを兼ね備えた。

ホンモノのよさを実感できるバンド

《ナイロンバンド》

GAIFU®とコーデュラバリスティックナイロンの2パターン

ナイロンバンドタイプは、2種類のナイロン素材を型番によって使い分けている。写真の[TR-ME2001]、さらに[TR-ME2003]にはGAIFU®を採用。航空機用タイヤを補強するためのコードにも使用される、超高強ナイロン糸を使用した素材だ。[TR-ME2002]には、ナイロン素材の中でも丈夫と支持されるコーデュラバリスティックナイロンを採用している。

《レザーバンド》

ホーウィーン社製クロムエクセルレザーを採用

ホーウィン社は、1905年にアメリカのシカゴにて創業された皮革鞣(なめ)しのメーカー。100年以上変わらない手作業によって油脂を漬け込んだ革は、通常のレザーに比べて油分が多いのが特徴。アジのある質感や柔らかなつけ心地は、他のレザーとはひと味もふた味も違う!

 

NEXT

6/6PAGE

 

■トゥルーム「L Collection-Break Line-」を毎日の相棒に

「自然やアウトドアが好き」「大人として、いい腕時計を身につけたい」「自己表現の一部として腕時計にこだわりたい」「サステナブルに貢献してみたい」そんな気持ちに答えてくれる、〈トゥルーム〉の「L Collection-Break Line-」。ここまで語る魅力がありながら、10万円以下という価格もそうそうない。業界を牽引してきた技術力から生まれた腕時計───。抜かりない”ものづくり”をぜひ体感してほしい。

 

INFORMATION

スーツスタイル/ヒルトンのスーツ6万3000円、シャツ5900円、タイ5900円、洋服の青山のチーフ1900円(すべて洋服の青山 池袋東口総本店)、カバンはスタイリスト私物

アウトドアスタイル/マーモットのブルゾン5万円、トップス1万2800円(ともにデサントジャパンお客様相談室)、リーのパンツ1万3000円(リー・ジャパン カスタマーサービス)、キーンのシューズ1万5000円(キーン・ジャパン)

<腕時計の問い合わせ>
ザ・クロックハウスお客様相談室
☎︎0120-060-969

<その他の問い合わせ>
デサントジャパンお客様相談室
☎︎0120-46-0310
リー・ジャパン カスタマーサービス
☎︎0120-026-101
キーン・ジャパン
☎︎03-6416-4808
洋服の青山 池袋東口総本店
☎︎03-5952-7201

※GAIFU®は(株)東レの商標です

撮影/広瀬まり[人物] 、村本祥一(BYTHEWAY)[静物] スタイリング/与那嶺龍士 ヘア&メイク/takane(Allure) モデル/山田亮平(velbed)

Welcome to Men's Cosmetics Park!ようこそ、メンズコスメパークへ。
PR

Welcome to Men's Cosmetics Park!
ようこそ、メンズコスメパークへ。

2019年の春に初めて開催され、以降順調に回を重ねている「ロフト コスメフェスティバル for MEN」。この春、ついに4回目となるメンズコスメの祭典には、最新のコスメが集結! ロフト先行商品にも注目だ。

〈ウーノ〉の新スキンケアをレインボー池田直人が体験!男の肌トラブルを未然に防ぐ、乾燥対策の新知見とは!?
PR

〈ウーノ〉の新スキンケアをレインボー池田直人が体験!
男の肌トラブルを未然に防ぐ、乾燥対策の新知見とは!?

毎日真面目にスキンケアをしているのに、なぜか乾燥やベタつきが発生してしまう……。そんな悩める男の肌をサポートするアイテムが、〈ウーノ〉から登場。その魅力を、美容男子代表のレインボー池田直人がいち早く体験!

ディーゼルのスニーカーと杉野遥亮のイイ関係。
PR

ディーゼルのスニーカーと
杉野遥亮のイイ関係。

デザイン性の高いシューズは何足でも欲しくなる。ただ、そのシューズを上手くスタイリングに組み込めるかが重要なポイント。連載2回目は、都会顏のモノトーンシューズを俳優・杉野遥亮がスポーティな格好に落とし込んでいく。春らしいさわやかなコーディネートは必見だ!

〈アベイル〉の店舗はすぐそばにある!流行のアイテムはコスパよくゲットしたい!
PR

〈アベイル〉の店舗はすぐそばにある!
流行のアイテムはコスパよくゲットしたい!

トレンドに敏感なアパレルショップ、アベイル。全国に300店舗以上を構え、調べれば意外と近くにある。今までお店を通りすぎていた人も、ぜひ立ち寄ってみてほしい。店内に並んだ洋服のラインナップを見れば、クオリティとデザインのよさに感心しつつ、何よりプライスにも驚くはず。さまざまなブランドが扱われているから、こだわりに答えてくれる服がきっと見つかる! 春夏の服はアベイルで探して、賢くゲットしちゃおう!

〈スーツセレクト〉今に寄り添うビズスタイルニューノーマル時代の仕事服、リアルビジネスカジュアル。
PR

〈スーツセレクト〉今に寄り添うビズスタイル
ニューノーマル時代の仕事服、リアルビジネスカジュアル。

多様化するビジネスシーン。ルールに縛られない自由な着こなしが容認される社会において、仕事着の選択肢も広がった。〈スーツセレクト〉が提唱する“リアルビジネスカジュアル”は、そんな時代の空気感を巧みに表現。人気俳優の杉野遥亮がモデル登場する短編ムービーは、FINEBOYS+plus SUITとスーツセレクトのコラボ第8弾。働く人に寄り添うニューノーマルスタイルを、動画でも要チェック!

フランスのプレミアムブランド、〈LACOSTE〉の新作に注目!スポーティなのにエレガント。大人が履きたいレトロな靴
PR

フランスのプレミアムブランド、〈LACOSTE〉の新作に注目!
スポーティなのにエレガント。大人が履きたいレトロな靴

僕らが思い浮かべるフランスのイメージといえば、エレガントなエスプリに富んでいて、でもキメすぎていない、そんな感じ。ラコステの新作はまさにそれを体現している。紳士のスポーツ、テニス由来の上品かつスポーティといったDNAを感じながら、大人ならではのカジュアルスタイルを楽しもう。

オンラインで完結! ワンランク上の着心地を〈ソルブ〉で手にいれる!成功を収めるオーダーシャツの秘密に迫る。
PR

オンラインで完結! ワンランク上の着心地を〈ソルブ〉で手にいれる!
成功を収めるオーダーシャツの秘密に迫る。

2018年からサービスがスタートして以来、ビジネスパーソンを中心に高い評価を集めているオーダーシャツブランドの〈ソルブ〉。数多く存在する同業者との違いはどこにあるのか? またオーダーシャツの魅力とは。その秘密に迫った。

永久不滅の〈CONVERSE〉から話題の新作が続々とリリース!名作こそ「ディテール」と「快適性」を楽しもう!
PR

永久不滅の〈CONVERSE〉から話題の新作が続々とリリース!
名作こそ「ディテール」と「快適性」を楽しもう!

いつの時代も服好きを魅了するオールスターとジャックパーセル。名作と言われつつも、毎シーズン進化を遂げ、ボクらを楽しませてくれる。そんな中で今季注目したいのは、ツボをついた「ディテール」と、気の利いた「快適性」だ。安定感はそのままに、トレンドを汲んだプラスαなこだわり。名作の“最新作”を履きこなせば、必然的に差もつくはずだ。

靴好きをアツくする〈Mizuno〉の復刻と新モデル大人の足元にはノーブルなグレーが合う
PR

靴好きをアツくする〈Mizuno〉の復刻と新モデル
大人の足元にはノーブルなグレーが合う

ファッションシーンで安定感を保つランタイプ。レトロで落ち着いた顔つきと、それでいて軽快さのあるデザインは、感度の高い大人から、継続してこの先も愛されるだろう。そこでオススメしたいのがミズノのシューズ。グレーを纏った今季の新作は、都会的な着こなしをフックアップしてくれる。上品スタイルもラフな着こなしも、"ミズノのグレー"が着こなしのワガママをまとめてくれる。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.3
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.16
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.35
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2021春夏
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.19
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.2は10月23日(金)発売!
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.34
FINEBOYS どんな日常にもスニーカーは必要だ!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ20-21秋冬
FINEBOYS FINEBOYS Start up 0 CAMP

ページトップへ