• twitter
  • instagram
SEARCH

WATCHES- 時計 -

2022.08.31 PR

〈ディーゼル ウォッチ〉の人気デザイン登場! “おしゃれ顔”って、こういうこと。秋の主役は「クリフハンガー」!

ファッションアイテムとしては小さいけれど、おしゃれの大きな決め手になるのが「腕時計」だ。コーディネートに合う、というのは最低条件として、せっかくならつけて“アガる”ものがいいし、なんなら“どこの時計?”なんて言われてみたい。そんな欲張りな僕らにぴったりなのが〈ディーゼル ウォッチ〉の「CLIFFHANGER(クリフハンガー)」。ブランドの大人気シリーズがモダンに生まれ変わり、ひとつ上の装いを極めたいという想いを叶えてくれる。

さぁ、「クリフハンガー」と一緒に出かけよう!

目立ちすぎは嫌だけど、個性がないのはもっと嫌だ――。そんなおしゃれ好きたちの本音に応えてくれるのが新作「クリフハンガー」。1時から5時にかけてのバーデザインと「3」だけをアラビア数字にしたインデックス。このアイコニックなデザインは、2000年代に誕生して以来、いまもなおブランドを語るうえで欠かせない。この秋は、"大胆で反抗的、そして決して物おじしない"という〈ディーゼル ウォッチ〉らしさを体現した「クリフハンガー」に注目したい!

NEXT

2/6PAGE

" Neo "クリフハンガーを紹介!

「NEOクリフハンガー」ともいうべき今作は、ダイヤルに断層を設けた斬新なデザインはそのままに、つけやすいコンパクトな36㎜ケースを採用。鮮やか色合いや、モデルごとに異なる加工や仕上げを施したのも特徴だ。さらには、環境に配慮されたLWG認証皮革工場製レザーを使用するなど、現代のニーズにも応えている。奇抜なワケではなく、かといって見慣れたデザインでもない、そのちょうど間。ファッションアイテムとして使うなら「クリフハンガー」が正解だ。

■新作「クリフハンガー」のココが魅力!

➀36㎜の小ぶりサイズ
➁視認性の高いシンプル文字盤
➂バングルタイプでアクセ感覚
④ファッション性の高いカラーリング
⑤奇抜すぎず、でも普通ではないデザイン

■新作「クリフハンガー」を見ていこう!

[DZ1998]
[DZ2000]
[DZ2152]

NEXT

3/6PAGE

新作DZ1998を紹介

感度高めの〈ディーゼル ウォッチ〉を堪能!

[DZ1998]は澄み渡った青空や透き通った波間を思わせるブルーダイヤルが目を引くモデル。放射状に光を拡散するサンレイ仕上げが施されていて、アクセサリーのような気品や高級感を感じさせる〈ディーゼル ウォッチ〉らしいあしらいが印象的。

▶ [DZ1998] は間違いなく売れ筋モデル!


 
ナチュラルな素材感を見せるブラウンレザーは、じつは持続可能かつ適切な環境下で製造されていることを認定したLWG認証皮革工場にて作られたもの。アジのある力強い上質なストラップと、透明感のある美しいブルーフェイスとの異なるコンビネーションがポイントだ。〈ディーゼル ウォッチ〉らしいファッション性を持ちながら、汎用性の高いカラーリングでスタメン間違いなし。ケース幅36㎜、5気圧防水、クオーツ、SSケース、レザーストラップ、2万3100円


▶ [DZ1998] はデニムスタイルを好相性


ブラウン系ストラップの[DZ1998]はカジュアルコーデに合わせやすいのが魅力。今季でいえば、とくにデニムスタイルとの相性は抜群だ。アメカジスタイルの小物として、男らしさだけでなくブルーの文字盤がクリーンな雰囲気を演出する。スタイリングの世界観を盛り上げるのは時計だけでない。インパクトのあるゴールドカラーのチェーンネックスレスもしっかり個性を主張する。

NEXT

4/6PAGE

新作DZ2000を紹介

 

〈ディーゼル ウォッチ〉らしい大胆デザイン!

ほんのり刺激的に、腕時計に個性を求めたいなら[DZ2000]に注目。オールブラックにすることでミニマムなシルエットやディテールの美しさが浮かび上がり、〈ディーゼル ウォッチ〉をコンセプチュアルに表現。さらには偏光ガラスの採用にもブランドの大胆さが表れている。

▶ [DZ2000] は唯一無二の偏光ダイヤル!


 
[DZ2000]に採用された「偏光ガラス」とは、光の当たり具合によって色の見え方が変化する素材のこと。針やインデックスには白が使われているが、この偏光ガラスによって赤や青など光のスペクトルが現れ、色合いの変化を楽しめる。黒をベースにしたことで、より文字盤の表情が際立つ。ケース幅36㎜、5気圧防水、クオーツ、SSケース、レザーストラップ、2万5850円


▶ [DZ2000] はモノトーンコーデに映える


オールブラック&偏光ガラスという“強い”武器を持つ[DZ2000]は、スタイリングも大胆になれる。上下のボリュームを変えてシルエットを工夫したこのコーデのように、“強め”に攻めてもしっかりマッチ。時計をカットソーの上に、バングルのように着用するアレンジも新しい。時間を見るというだけではなく、着こなしにアクセントをあたえてくれるところもうれしい。

NEXT

5/6PAGE

新作D2152を紹介

〈ディーゼル ウォッチ〉は時計でありアクセにもなる!

最後にご紹介する[DZ2152]も、他の2モデルに負けないインパクト。[DZ1998]と[DZ2000]はケースをマットな質感にしていたところ、[DZ2152]はケースも時刻を表示させるダイヤルも、キラッと輝くミラー仕上げを採用。シルバーのワントーンでありながら、メタリックボディがその存在感をグッと引き立てている。

▶ [DZ2152] は全方位でキラッ&ピカッ!


 
「ミラー仕上げ」とは、金属の表面がツルツルになるまで丁寧に磨き込んだ加工方法のこと。文字通り鏡のような高い反射率で、それはダイヤルに自分の顔を映し出すことができるほど。ケースと一体型になったブレスレットにも同じミラー仕上げが施されているため、360度どこから見てもスタイリッシュ! [DZ2152]は〈ディーゼル ウォッチ〉らしいアクセウオッチだ。ケース幅36㎜、5気圧防水、クオーツ、SSケース&ブレス、2万9150円


▶ [DZ2152] はシャツスタイルを個性的に変える


[DZ2152]はシルバーのワントーンだから、他のアクセサリーともバランスよくまとまる。〈ディーゼル ジュエリー〉のチェーンブレスやチェーンネックレスも、このとおりキレイめな白シャツとコーディネートしやすい。この秋のシャツスタイルは、小物使いでカジュアルダウンさせよう。

NEXT

6/6PAGE

 

色表現や質感など、どの要素においてもこだわりが凝縮した今作。自分だったらどう合わせようかな――?と、つい想像力が刺激されるような独創性に満ちたモデルだ。この秋、キミのスタイリングにハマるのがどの「クリフハンガー」だろう?

INFORMATION

■時計&アクセサリーの問い合わせ
フォッシルジャパン
TEL:03・5992・4611
URL:www.diesel.co.jp

■洋服の問い合わせ
ディーゼル ジャパン
TEL:0120・55・1978

■衣装クレジット
[DZ1998]着用
ディーゼルのカットソー3万7400円、パンツ6万3800円、シューズ5万6100円(すべてディーゼル ジャパン)、ディーゼル ジュエリーのネックレス[DX1372710]1万1550円(フォッシルジャパン)

[DZ2000]着用
ディーゼルのカットソー3万7400円、パンツ5万6100円、シューズ2万6400円(すべてディーゼル ジャパン)

[DZ2152]着用
ディーゼルのシャツ3万800円、タンクトップ2万3100円、パンツ5万6100円、シューズ4万7300円(すべてディーゼル ジャパン)、ディーゼル ジュエリーのネックレス[DX1378931]1万8150円、ブレスレット[DX1377931]1万3200円(ともにフォッシルジャパン)

●文/横山博之 撮影/瀬田秀行 スタイリング/小島竜太 ヘア&メイク/小園ゆかり モデル/金田将浩

リアル目線のベスト時計BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE
PR

リアル目線のベスト時計
BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE

いよいよ2022年も総仕上げ! 今年はどんな腕時計が人気を博したのか? 日本全国に約240店舗を展開する国内最大の時計専門店チェーンであるザ・クロックハウスから、テーマごとのベストウオッチをリサーチ。選出された合計11本の時計を見れば、今のトレンドが見えてくる!

〈G-SHOCK〉はいつでも近くに。僕らの毎日に「2100」シリーズ。
PR

〈G-SHOCK〉はいつでも近くに。
僕らの毎日に「2100」シリーズ。

雲の上の憧れ高級時計から便利なスマートウォッチまで、現代はさまざまな時計であふれている。そんな中、唯一無二の存在感を放っているのが、そうG-SHOCK。圧倒的なタフネスとギア感・機能美にあふれたデザインで、オンでもオフでも活躍してくれるオンリーワンなブランドだ。膨大なラインナップを持つG-SHOCKの中で、今僕らが注目したいのは2019年に初登場した「2100」シリーズ。普段の生活に取り入れるなら、どんなモデルをどう使いこなすべきか。着こなしのサンプルとともにお届けしよう。

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。「黒」に映えるデジタルウオッチ
PR

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。
「黒」に映えるデジタルウオッチ

これから冬に向けてはとくに、ファッションにおいて「黒」が主役になる。存在感のある黒アウターを着る日もあれば、スタイリッシュなオールブラックの日もあるだろう。そんな「黒コーデ」になじむ、いや“映える”腕時計が、〈ディーゼル ウォッチ〉から登場! ブランドらしい大胆でスポーティなルックスが魅力の「MASTER CHIEF DIGITAL(マスター チーフ デジタル)」だ。インパクト抜群で着こなしの完成度を上げてくれる。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.23
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.6
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.38
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.19
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022秋冬
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.22
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.5
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.18
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.37
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022春夏

ページトップへ