• X
  • instagram
SEARCH

WATCHES- 時計 -

2023.11.30 PR

今年もやります!リアル目線のベスト時計BEST WATCH 2023 supported by THE CLOCK HOUSE

昨年に続き、2023年も1年を締めくくる一大総決算企画を敢行! 日本全国に190店舗を展開する国内最大の時計専門チェーンであるザ・クロックハウスから、テーマごとのベストウオッチをリサーチ。選出された9本のモデルを眺めてみれば、今年のトレンドが丸見えだ!

【目次】
高見えコスパ ベストウオッチ
ビジネスマン格上げ ベストウオッチ
ON・OFF 着まわし ベストウオッチ
旬顔GMT ベストウオッチ
サステナブル ベストウオッチ
'70年代レトロ ベストウオッチ
復刻定番 ベストウオッチ
インポートメカ ベストウオッチ
ビジュアル映え ベストウオッチ


人気モデルをソーラーへとアップデートして復活させた1本。ムーブメントを変更しつつもケース厚を抑え、シャープな印象を維持。精細に計時できるクロノグラフ機能を搭載。秒針の後ろ端に、ブランドの頭文字であるTを模したのがポイント。ケース径41.5㎜、10気圧防水、ソーラー、SSケース&ブレス[MBC1007-NV1A]1万9800円

立体的で高級感を高めたフェイスデザイン
フランジ部分にインデックスを置くことで立体感を高めたフェイスデザイン。磨き込みも丁寧で美しい光沢を放つ。
“高見え”時計の所有は審美眼の高さをも表す

時代の変化とともに、モノの意味は変わるもの。時計についても、所有者のプレステージを強調する贅沢品というものから哲学やライフスタイルを表すシンボルという意味合いが強まってきた。とはいえ身につけるものであるからには、実際より高い価値に見られればうれしいもの。“高見え”することは見逃せない付加価値のひとつだ。このテーマでベストウオッチに選出された〈ザ・クロックハウス ソーラーシリーズ〉の「ネイビークロノ」は、そんな“高見え”のパフォーマンスが突出したモデルだ。縦目の3カウンタークロノグラフを搭載し、全体にスポーティな複雑時計としての雰囲気を醸成。サブダイヤルのリングやインデックス、ケースは丁寧に磨き込まれ、気品を放っている。ここまで手が込んでいて2万円を切る価格にとどめてるのだから、そのコストパフォーマンスは相当なレベルだ。さらにはソーラーを搭載していて、実用性も高めている。“高見え”する時計を選べるのは、持ち主の審美眼が高いためだ。この時計を身につけていれば、いろいろな意味で豊かな気持ちになれるはずだ。

ザ・クロックハウス マーチャンダイザー 受賞コメント
「良いものは時代を越えてご支持いただけるということを実感しました。皆様の生活に寄り添う価格、ビジネスシーンを支える機能性・デザイン性が実現できたと思いますので、良き相棒としていただけるとうれしいです」

詳細を見る


世界中どこにいても正確な現地時間に自動修正してくれるGPS衛星電波修正機能と、ソーラー充電機能を搭載。ケースはコンパクトかつ低重心設計で、腕になじみやすい。高級感のあるサファイアガラスベゼルも採用した。ケース径42.7㎜、10気圧防水、ソーラーGPS衛星電波修正、チタンケース&ブレス[SBXC109]28万6000円

サファイアガラスの美しい輝きが楽しめるベゼル
UTC(協定世界時)と各時差を示す数値が示されたベゼル。サファイアガラスが使われ、美しい輝きを放つ。
ビジネス時計の“正解”がここに詰まっている

新型コロナウイルスによる世界的な騒動が収束し、これまでのリモートから再び対面する機会が増えているビジネスシーン。一度進んだビジネスウエアのカジュアル化は後退してはいないものの、礼節やマナーとして「身なりを気遣う」ことの重要性が改めて問われている。そうした背景の中、ある意味手軽にクラス感を高められる時計は、重宝する存在だ。今回ベストウオッチに選出された〈セイコー アストロン〉の「ネクスター」を見れば、その理由は一目瞭然だろう。先進のGPSソーラーを搭載したことや多針ながらスッキリとしたフェイスデザインが、知的でデキる男像を醸成。デュアルタイム表示で世界にも目を向けている姿勢をアピール。そして仕上げを変えたケースや美しいサファイアベゼルが、「ビジネス」という枠組みの範疇で最大限のエレガンスを表現。ビジネスのスタイルを格上げするための要素を、絶妙なバランスの上で成立させている。昨年に続きベストウオッチ2連覇を果たしたのも納得の出来で、頼れる相棒になってくれるはずだ。

セイコーウオッチ PR担当 受賞コメント
「サファイアガラスベゼルが圧倒的な存在感や高級感を放つ本作。ブルーグレーのカラーがスーツ着用時はもちろん、ほどよくカジュアルなビジネスファッションにも合わせやすい点が評価していただけたと感じています」

詳細を見る


垂直クラッチを搭載した世界初の自動巻きクロノグラフ「1969 スピードタイマー」の造形を継承したモデル。タキメーター目盛りを刻んだベゼルはツートンカラーで、ストップウオッチの秒針と分針には赤色の針を使い、スポーティなテイストに仕上げた。ケース径41.4㎜、10気圧防水、ソーラー、SSケース&ブレス[SBDL095]7万9200円

判読性を高めたインデックスデザイン
タキメーター標記の2色アルミ表示板ベゼルを採用。秒目盛りはダイヤルリング上に配置し、判読性を高めた。
真面目さと洒落感を両立し新時代のオンオフ時計を実現

ビジネスウエアのカジュアル化が強まり、働き方自体も多様化してきた昨 今。一日のうちに仕事とプライベートを何度も行き来する――。そんなスタイルも珍しくなくなってきた。“オンオフ兼用時計”といえば「1本で済ませて出費を抑える」という意味合いも大きいが、これからは実生活に合わせるための重要性も増していく。今後に求められる“オンオフ兼用時計”の教科書的存在といえるのが、今回ベストウオッチに選ばれた〈セイコー プロスペックス〉の「スピードタイマー ソーラークロノグラフ」だ。本作は、1969年に発売された「世界初の自動巻きクロノグラフ」のアイコニックな意匠・スタイリングを継承している。ストイックなまでに成果を追求しようという哲学はデザインにも現れており、それがオンスタイルとの親和性を高めている。もちろんスポーティなテイストやツートンベゼルに見られるセンスは、さまざまなオフスタイルにもマッチする。真面目でいて、洒落てもいる。そんな稀有なデザインで、マルチに活躍する1本だ。

セイコーウオッチ PR担当 受賞コメント
「落ち着いたバイカラーがアルミベゼル上で効いた、シンプルながらも遊び心のあるデザインに仕上げました。ビジネスシーンなどのフォーマルな場面だけでなく、休日のお出掛けやアウトドアにもご利用いただきたいです」

詳細を見る


世界中から愛されたセイコーのスポーツウオッチ「SKX モデル」を土台にリローンチしたブランド。ダイバーズデザインをベースに、新たにGMT機能を追加し、時差のある2つのタイムゾーンの時刻を表示できる。日付/曜日表示も備え、実用性も高い。ケース径42.5㎜、10気圧防水、自動巻き、SSケース&ブレス[SBSC001]6万3800円

機械式ムーブメントの動きをいつでも楽しめる
シースルーバック仕様で、裏側から機械式ムーブメントの様子を眺められる仕様。日本製で信頼も高い。
GMTビギナーにも着用しやすい人気デザイン

約3年ほど続いた、世界的な移動制限。2023年には、ようやくそうした制限も解禁されはじめた。これまで抑圧されてきたことへの反動か、市場では外の世界に対する興味喚起や行動が増加。とりわけ、時計においては、タイムゾーンの異なる第2時間帯の現在時刻を示すGMT機能を搭載したモデルに注目が集まり、ちょっとしたトレンドになった。そんなGMT搭載モデルの中でベストウォッチに輝いたのが、〈セイコー 5 スポーツ〉の「SKY スポーツスタイル」だ。ダイバーズデザインをモチーフにした視認性の高いフェイスデザインや力強いデザインのベゼルが人気のシリーズに、GMT機能のある新開発のキャリバー「4R34」を搭載。赤色のGMT針を追加し、ベゼルは60分目盛りから24時間目盛りに替えつつ、従来のデザインの魅力をそのまま継承。GMT初心者でも肩肘を張ることなく着用しやすいところが高評価につながった。GMT針から覗く異国の今。この時計があれば、いつでもそうした意識を持つことができる

セイコーウオッチ PR担当 受賞コメント
「GMTであるうえに、10気圧防水やJIS1種耐磁対応などラフな取り扱いにも対応できるスペック。SKXファンの期待に応えた見た目のかっこよさはもちろん、日常使いしやすいところに支持をいただいたのだと思います」

詳細を見る


12時位置のトレフォイルロゴも印象的な3針時計。時針の先端にはサークルを設け、そこからインデックスを覗ける仕組み。ケースにもバンドにもリサイクル素材が使われていて、サステナブルを意識している。ケース径39㎜、5気圧防水、ソーラー、リサイクルプラスチックケース、バイオレジンベルト[AOST22043]1万3750円

環境に優しいリサイクル素材から作られたケース
海から回収されたプラスチックごみとバイオベースの樹脂からなるケースを採用。サステナブルな意識を身近に。
サステナブルな素材でスタイリッシュに表現

 異常な暑さに見舞われた今年は、世界的な温暖化を改めて問題視するきっかけにもなった。いっそう環境への配慮を高め、サステナブルな社会を実現していくことは、未来へ向けての喫緊の課題だ。こうした意識は過去に大量生産・大量廃棄が槍玉に挙げられたアパレル業界でとくに顕著だ。今ではサステナブルな素材が積極的に採用され、それがひとつの付加価値としてみなされるようになっている。時計製品でのサステナブルにおいても、アパレル業界で名を馳せてきた〈アディダス オリジナルス〉の「プロジェクトワン」がベストウオッチに選ばれたのは、ある意味当然だ。ケースにはリサイクルされた海洋プラスチックとバイオベースの樹脂から作られた素材を使用。さらに太陽光で駆動するソーラーを搭載し、電池交換を不要とした。そのうえでシンプルかつスタイリッシュなデザインに落とし込み、見栄えにもこだわりたい人の関心を引いた。サステナブルに配慮しているというスタイルをさりげなく主張するものとして、この時計がちょうどいい引き立て役になってくれる。

アディダス ブランドマネージャー 受賞コメント
「このような賞をいただきありがとうございます。大変うれしいです。環境に配慮した素材をケースに使っていますし、太陽光などの光源で電池を充電するソーラームーブメントも採用し、地球に優しいモデルです」

詳細を見る


1979年当時のモデルを復刻したモデル。アルマイト加工の2色ベゼルや細かい作りのステンレス製ブレスレット、便利なデイ・デイト機能、風合いのあるドーム風防、ケース裏のバッテリー交換用ハッチなど、こだわりのディテールが満載。ケース径38㎜、5気圧防水、クォーツ、SSケース&ブレス[TW2U60900]2万5300円

裏ぶたに電池交換のための特製ハッチを採用
ケース裏にボタン電池を交換するためのハッチを採用。このデザインは当時のモデルを忠実に再現したものだ。
ブラック×グリーンベゼルで現代のセンスをプラス

過去の一時期を振り返り、スタイルをミックスする中でトレンドは生まれてくるものだ。100年以上もの歴史を誇る腕時計においてもさまざまな年代が話題に上るが、根強い人気を誇っているのが’70年代だ。クォーツショックによって業界の様相が一変したこの時代、従来とは異なる製品を生み出そうという力学の下で斬新なデザインが数多く産み落とされており、今日でもレトロフューチャーなデザインが愛されている。ベストウオッチに選ばれた〈タイメックス〉の「Q タイメックス」は、この時代を象徴する名作をベースに復刻を果たしたモデルだ。当時流行したアルマイト加工のツートンカラーベゼルを採用。直線的で力強いケースフォルムや小さなコマが連続したブレスレット、ゆるやかに膨らんだドーム風防など、当時を彷彿させるディテールが満載。そのうえでオリジナルにはないブラック×グリーンという通好みのカラーが選ばれたところには、現代のトレンドが反映されている。 約半世紀前のデザインを感じつつ、今のファッションを完成させたい。

タイメックス ブランドマネージャー 受賞コメント
「このような賞をいただきありがとうございます。大変うれしいです。細かい作りのステンレス製ブレスレットやドーム風防、バッテリー交換用ハッチなど、こだわりのディテールをぜひじっくりご覧いただきたいです」

詳細を見る


フロントボタンが特徴のスポーツウオッチの復刻品。機能性の高さから一般ユーザーにも人気が広まり、1970年代からのクォーツショックに揺れた〈タイメックス〉を救った。8ラップメモリーコールや99ラップカウンターなどを備える。ケース径39㎜、10気圧防水、クォーツ、レジンケース&ベルト[TW5M54300]1万4960円

実用性のために生まれた大型フロントボタン
ストップウオッチ機能に用いる2つのボタンを配置。ランニング中でも操作しやすく、デザインのアクセントにも。
当時のデザイナーが監修し細部まで精巧に復刻

その時々の時代を象徴していたり普遍性を有していたりと、傑作というものは時が経っても色褪せない。復刻という形で時計史の中からすくい上げ、そのモデルが持つ魅力が再び脚光を浴びることは、すべての時計ファンが歓迎する行いだ。中には復刻を待ち望む声が絶え間なく続いた結果、“復刻が定番化”してしまったモデルさえある。 昨年に続いて2度の受賞に輝いた〈タイメックス〉の「アイアンマン」が、その象徴というべき存在だ。革新的なデザインと機能性により、初代モデルは1986年の発売初年度に40万本ものセールスを記録。その後は、世界でもっとも売れた「スポーツウオッチの金字塔」と称されるようにまで至った。現在の復刻モデルも、当時デザインと設計を手がけたデザイナーが監修しており、カラーリングもディテールも往年の名作のエッセンスが余すところなく注ぎ込まれている。 あまりの人気ぶりに定番化さえしてしまった復刻品。手にしてみれば、そこまで絶大な支持を集める理由がわかるはずだ。

タイメックス ブランドマネージャー 受賞コメント
「復刻定番ベストウオッチ2連覇、ありがとうございます。スポーツ時計としての機能性に加え、カジュアルからドレスまでどんなファッションスタイルにも合うデザインを魅力に感じていただけたのだと感じております」

詳細を見る


日本限定の本モデルは、日本の海の深く美しいブルーをイメージして作られた。外周部に刻まれたタキメーターやテレメーターが航空時計としての存在をアピール。3連ブレスレットはプッシュ式バックルで、着脱しやすく使い心地に優れる。ケース径40㎜、5気圧防水、自動巻き、SSケース&ブレス[7662M3]6万6000円

シースルーバック仕様でメカの動きを楽しめる
正面のオープンハートからだけでなく、シースルーケースバックからもムーブメントの動きを味わえる。
ドイツのモノ作りと日本の美意識が融合

いつかは手に入れたいメカニカル(機械式)ムーブメント時計。歯車やバネなど複雑なパーツが絡み合って精巧な動きを実現するというのは、メカ好きなら心高ぶる存在だ。それも、国産とはまた違った視点でモノ作りを行っている海外ブランドの時計なら、製品に対する憧れは募っていく。インポートブランドのメカニカルムーブメント搭載モデルというテーマの下、ベストウオッチに輝いたのは〈ツェッペリン〉の「100周年記念シリーズ」だ。〈ツェッペリン〉といえば、高品質で実用的なアビエーションウオッチを数多く輩出していることで知られるドイツブランド。本作も飛行船で世界一周の偉業を成し遂げたLZ127号がモチーフで、7時位置のオープンハートからはテンプの動きを楽しめる。また特筆すべきは、日本限定モデルであることだ。深く美しいブルーの文字盤は、当時のLZ127号の乗組員と乗客が見下ろした日本の海をイメージしたものだという。ドイツのモノ作りと日本の美意識が見事に融合しており、話題にのぼらないわけがない。

ツェッペリン プレス 受賞コメント
「名誉ある賞をいただけて感謝申し上げます。この時計はドイツの質実剛健な世界観と日本のニーズを融合させたもので、“クラシックな美”と“現代的な実用性”など、さまざまな要素の調和しているところが特徴です」

詳細を見る


アイコニックなオクタゴンケースを採用したクロノグラフモデル。フル充電で約4カ月駆動するソーラームーブメント搭載。表面がレザーで裏面がシリコンラバーを圧着させたハイブリッドベルトを採用し、実用性と見栄えの良さを両立した。ケース径43㎜、10気圧防水、ソーラー、SSケース、レザー&シリコンラバーベルト[EVS43PG-RE]3万1900円

絶大なインパクトをあたえるヘキサゴン鋲を採用
ケースはオクタゴン、鋲はヘキサゴンで、それぞれに異なる多角形を用いることでさらなるインパクトをあたえる。
主役級の存在感を見せつける鮮烈なラグスポスタイル

時刻を確認するという実用性のみならず、時計には自身のスタイルを決定するファッション性も重要だ。とくに他人から高評価を得るには、「パッと見た瞬間に好印象をあたえる」ことが肝心。他人の時計をジロジロ見る人は多くないし、関心を買うには一瞬が勝負になるからだ。そのため、映えるビジュアルであるか否かはかなり大切なポイントになる。このテーマで〈エンジェルクローバー〉の「エクスベンチャー ソーラー」がベストウオッチに選ばれた理由に、説明はいらないだろう。このビジュアルを見てもらえれば、十分に伝わったかと思う。丁寧に磨き上げられたゴールドIP加工のオクタゴンケースに、力強いヘキサゴン鋲。深いレッドカラーで統一された多層ダイヤルに、上質なレザー&シリコンラバーベルト。流行りのラグジュアリースポーツスタイルに絶大なインパクトをあたえるカラーリングを掛け合わせ、映えるデザインを完成させている。日常の会話にSNSに、この時計が主役になってくれるはず。

エンジェルクローバー プレス 受賞コメント
「この度は栄えある賞をいただき、うれしく思います。太陽の光を味方に躍動する、ありそうでなかった“ラグスポソーラー”。一目で心をつかむラグスポデザインには、多くの反響が寄せられています」

詳細を見る

INFORMATION

●ザ・クロックハウスお客様相談室
TEL:0120-060-969
URL:https://www.theclockhouse.jp

雑誌『FINEBOYS+plus 時計』Vol.25 P70-79掲載

※記事内で紹介している商品はすべて税込みの価格です。

文/横山博之 撮影/村本祥一(BYTHEWAY)

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2024春夏
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.25
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY vol.8 付録付き版
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY vol.8
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.21
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.40
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 23-24秋冬
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.24
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.7
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.39

ページトップへ