• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2019.02.28

超特急FASHION DICTIONARY vol.8超特急タクヤ・ユーキ・タカシ meets BAG

2019年は春から、全33公演のホールツアーをスタートさせる「超特急」。この『超特急FASHION DICTIONARY』は、毎月1つのファッションテーマを6人がそれぞれ着こなし、超特急とともに『ファッション辞書』を作っていくFINEBOYS Onlineの人気連載だ。2月のテーマは「バッグ」。ファッションアイコンの超特急はどんなバッグを選ぶのか――。8回目に登場するのはタクヤ、ユーキ、タカシの3人。

BULLET TRAIN No.4 TAKUYA 
meets Drawstring bag

【Drawstring bag/巾着バッグ】 
巾着とは布や革などで作って、口をひもでくくるようにした袋。古くは金銭・薬・守り札などを入れて腰に下げていたものだ。「巾着バッグ」はマチが広くて安定感があって、コロンッとしたフォルムがとにかくカワイイ!!と、ここ数年は女のコたちの間では人気の形だったんだけど……この春、ようやくそのブームが男子にもやってきた模様。しかも特徴的なのはその大きさ。女子の巾着はたっぷり容量の大きめが多いのに比べて、男子の巾着は小さめ。財布や携帯、リップクリームが入るくらいかな。スポーティな「サコッシュ」とはまた全然雰囲気が変わるから『俺、荷物少ないんスよー』って人にはめっちゃおすすめなんですわ。友達より先に“巾着デビュー”してさ、オシャレも先取りしましょうや。

■TAKUYA Coordinate
ちょっとタクヤ~、オシャレすぎ! ロングシャツの長短レイヤードなんてだいぶハイレベルじゃん⁉ グレーやベージュでコーデのトーンをそろえたらカーキの「巾着バッグ」もなじんで超イイ感じ。……やっぱタクヤ、着こなすよね~。
 

 
■TAKUYA Interview
――巾着バッグ、オシャレ番長のタクヤはもう取り入れてる?
「最近ほんと多いですよね。よく見るから気になってはいます。こないだちょうど古着店でレザーの巾着バッグを見つけて“買おうかな~”と思ったんですけど、やっぱ荷物が入りきらないかなって思ってやめちゃいました(笑)。気持ち的には何も持たないで……持ったとしてもこれぐらいのバッグに収まる荷物で出かけたいけど、台本とかダンス着とか、今の時季は乾燥するからハンドクリームとか……なんやかんやでおっきくなっちゃうんですよね、荷物」

――普段はどういうバッグを持つことが多い?
「僕多分、とんでもない量のバッグ持ってると思う(笑)。でも肩にかけられるようなショルダーを短めに持つことが多いかな。両手が空くのがベストなので、結局似たようなショルダーばっかり買っちゃうんですよね。それもあって、手持ちタイプの巾着バッグに手が伸びなかったんだと思う。去年はサコッシュとかウエストポーチが流行ったから、そういうのもいっぱい買っちゃったけど……やっぱり小ぶりだと荷物が入りきらないから、見た目はすごく好きで”今日はコレを持ちたい!”っていうバッグがあったとしても、荷物のことを考えて妥協が生まれます(笑)」

――もし巾着バッグを買ったら、どんな服に合わせたい?
「ベージュっぽいステンカラーコートに持って合わせたいな~。メガネとか掛けちゃって、レトロで知的な感じにするのがかわいいかも。アースカラーが最近僕の中でのトレンドなので、そんな感じの色みと合わせたいかな」
 
NEXT

2/3PAGE

次はユーキのトートバッグ

 
BULLET TRAIN No.5 YUKI
meets  Tote bag

【Tote bag/トートバッグ】
「トート」とはアメリカの俗語で「運ぶ・背負う」という意味。つまりは物を入れて簡単に運ぶことができるバックのこと。形は口が大きく開いて、持ち手がそのまま両面に2本ずつ縫いつけられたものが代表的。 素材もキャンバス地やレザーやナイロンやビニールetc……とにかく豊富。今ではトートバッグ専門のブランドもあるくらい、バリエーションが広がっている。そのなかでも僕らには、よく通学バッグとして使っている「ペラトート」(薄っぺらいトートバッグで略して「ペラトート」と呼んでいる) がなじみ深いか。「ペラトート」って、安いし、デザインもポップなものが多いからファッションアイテムとして取り入れやすい。あと、アイドルやアーティストのライブグッズでも「トートバッグ」売ってるじゃん! アレ買うとテンション上がるよね~。

■YUKI Coordinate
ユーキのメンバーカラーである赤のパーカと「ペラトート」の赤ロゴが見事にリンク! 「トートバッグ」って、肩にかけるイメージだったけど、ユーキみたいにバッグを肩に背負うとなんだか男っぽく見える! 

 
■YUKI Interview
――トートバッグはバッグの中でもかなり定番だよね。
「使いやすいですもんね〜。僕、普段から荷物が多いんですよ。レッスン着はもちろんだし、移動中にするゲーム機でしょ、あとはこの時期すごく肌が乾燥するから、保湿用のケアアイテムとかも。なので、物がたくさん入って、ラフに扱えるトートバッグはかなり重宝します」

――普段愛用しているバッグもトートバッグ?
「トートバッグも使いますけど、一番使っているのはやっぱりリュックです。僕、リュックにはこだわりがあるんですよ。機能性が高いかどうかをちゃんと見ます!  ポケットがたくさんついているのはもちろんですけど、中に仕切りがあるかどうかも重要。仕事で書類をもらうことが多いので、整理できるようにしたいんです。あとはPCを持ち運ぶことも多いので、専用のスリーブがついているとポイント高い!」

――こだわりのリュックの色はやっぱり……?
「黒です(笑)。デザインも使いやすいシンプル系で、どんなファッションにも合う。でもじつは好きなブランド同士がコラボしたアイテムで、さりげなく自分の好みを主張できている感じが気に入っています!」
 
NEXT

3/3PAGE

次はタカシのボディバッグ

 
BULLET TRAIN No.7 TAKASHI
meets  Body bag

【Body bag/ボディバッグ】
「ボディバッグ」ってコレです!というたしかな定義はないんだけど、簡単にいうと少量の荷物を入れるのに適した小ぶりのバッグってこと。斜めがけでサイズが大きい「ショルダーバッグ」をよりコンパクトにしたものでもある。「ショルダーバッグ」はひもが長いぶんバッグ自体が揺れちゃうけど、「ボディバッグ」は体にフィットするように装着するからそのストレスもない。しかも最近はバッグ部分を前にもってくる持ち方が定番になっているから、モノの出し入れもラクチン。両手も空くしチャリンコ乗る人にもベストだよね~。たまにさ、『やべ、今日服が地味だった……!』って日もあんじゃん? そんなときに「ボディバッグ」使うといいよ。ほどよいアクセントになるから!

■TAKASHI Coordinate
タカシはさ、純白のスウェットも似合っちゃうんだな~。しかも紺のボディバッグがよく映える。服装はシンプルでもこれなら地味には見えないし、アクティブな感じ出てるよ! さらにタカシのさわやかさが引き出されてマス。
 

 
■TAKASHI Interview
――タカシは実際、ボディバッグを愛用してるって?
「そうなんです。めっっっちゃ楽(笑)。ちょっと近所に出かけたりとかするときに便利なので、年末年始に実家に帰ったときも、大きい荷物の他にボディバッグ持っていきました。身軽やし、見た目より意外と荷物入るんですよね。大きいリュックやと、ずっとしょってると重たくなってくるから、こういうボディバッグがじつは1番楽な、ストレスがないバッグなんじゃないかなって思います」

――持っているのはどんなデザイン?
「黒、かと思いきや……僕の持ってるのはヒョウ柄(笑)。服が黒系が多いから、イイ感じのアクセントになって使いやすいんですよね。別に意識してるわけじゃないけど、何となく東京で持つというより、帰省のときに大阪で持ってることが多い気がします」

――大阪のほうがヒョウ柄がなじむ(笑)?
「そうかも(笑)。よく“大阪のおばちゃんはみんなヒョウ柄着てる”って言われるじゃないですか。昔は”いやそんなことないやろ”って思ってたんですけど、しばらく東京にいて、いざ大阪の景色をよく見ると……たしかにいるなって思いました。みんなの観察力、すごい(笑)」


超特急FASHION DICTIONARY vol.9は3月18日(月)! 乞うご期待!

INFORMATION

■今までの連載記事はコチラ!
『超特急FASHION DICTIONARY』

■超特急プロフィール
カイ、リョウガ、タクヤ、ユーキ、ユースケ、タカシの6人からなるメインダンサー&バックボーカルグループ。現在、新アルバムGOLDEN EPOCH』と、計5万人を動員した超特急初の春のアリーナツアーから武蔵野の森総合スポーツプラザメインアリーナ公演(2018年5月27日公演)を完全収録したBULLET TRAIN ARENA TOUR 2018 Sweetest Battlefield at Musashino Forest Sport Plaza Main Arenaが発売中! また、現在、最新楽曲ソレイユが配信と12inchアナログ盤でリリース中! 超特急の新レギュラー番組Yahoo! JAPANギラギラ超特急がスタート(毎週火曜日更新)。また、超特急史上最大級の全33公演、10万人動員のホールツアーBULLET TRAIN SPRING/SUMMER TOUR 2019 EUPHORIA 〜Breakthrough, The Six Brave Stars〜も開催決定! 
超特急オフィシャルサイト bullettrain.jp/
ホールツアーサイト http://bullettrain.jp/euphoria/

■商品のクレジット
タクヤ/スウェット1万円(ザ トゥエンティーセブン)、シャツ1万2000円(ティーケータケオキクチ)、エムアイエスのバッグ3900円(カメイ・プロアクト)、フルボデザインの時計1万8000円(ドウシシャお客様相談室)
ユーキ/ステュディオス×ディスカバ―ドのパーカ2万8000円(ステュディオス原宿本店)、カリ―メイソンのバッグ2320円(ツノカワファーム)
タカシ/ステュディオスのスウェット9000円(ステュディオス原宿本店)、ノーティアム×マキャベリックのバッグ9000円(ノーティアム プレスルーム)

■商品の問い合わせ
ザ トゥエンティーセブン ☎03₋5456₋7283
ティーケータケオキクチ ☎03-6851-4604
カメイ・プロアクト ☎03-6450-1515
ドウシシャお客様相談室 ☎0120-104-481
ステュディオス原宿本店 ☎03-5785-1864
ツノカワファーム ☎03-5809-4265
ノーティアム プレスルーム ☎0120-992-964

●撮影/杉江拓哉 スタイリング/小島竜太 ヘア&メイク/池上 豪(NICOLASHKA) モデル/超特急

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.03デニムバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.03
デニムバッグ

オシャレと実用性の両方が求められるバッグって、選ぶのがなかなか難しい。ましてや、どんなコーディネートにも合う、まわりの人とかぶらないって話になると難易度がさらに上がってくるはず。そんなバッグ探しに終止符を打ってくれるのが〈ディーゼル〉のデニムバッグシリーズ。シンプルな見た目は着こなしに溶け込むし、ブランドを象徴するタフなデニム使いで、個性も、実用性もバッチリだ!

カンゴールで見つけた最新秋服オススメ10選
PR

カンゴールで見つけた最新秋服オススメ10選

あのカンゴールの最新秋服を、ZOZOTOWNなどで人気を博すECブランドMONO-MART(モノマート)が別注! キミのワードローブに取り入れるだけでオシャレに格上げされる10のトレンド服をピックアップした。挑戦しやすいシンプルなデザインとリーズナブルな価格帯にも注目してほしい。

トレンドをコスパよく押さえたアベイルの新作!秋の着こなしは”カフェオレカラー”でハズレなし!
PR

トレンドをコスパよく押さえたアベイルの新作!
秋の着こなしは”カフェオレカラー”でハズレなし!

厳しい残暑の中でも、ファッション高感度な人ほど秋支度は急ピッチに進んでいる。トレンドにいち早く反応するショップ、アベイルならコスパよく揃えられる。ってことで、今回はイチオシの秋コーデをピックアップ! 移り行く季節に、何を買っていいか分からない人は特に必見だよ!

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”
PR

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立
僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”

走れるうえに、洒落ていること――昨今のスニーカーシーンの盛り上がりはこのマインドによる欲求なしには語れないだろう。それはアクティブな趣味を持つ大人たちが、ライフスタイルを謳歌するなかで1足に求める汎用性や機能性を追求し続けてきた結果なのかもしれない。〈ASICS〉の新作“GEL-QUANTUM”シリーズはまさにそんな欲求を具現化した1足だ。

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。
PR

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない
東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。

暑さもすっかり落ち着いてきたこの時季は、街を流して駆け抜けるのに気持ちがよい季節。そんなとき、〈アシックスタイガー〉のスニーカーとウエアは見た目はもちろん、機能的にも心地がいい。今日もいつものスタイルに着替えて、東京ストリートを颯爽と走り抜けていく。

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。
PR

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ
大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。

ラコステといえば“オーセンティック”なデザインを想像する人は多いだろう。そのイメージで間違いないのだけど、ここ最近のラコステはそれだけではない。トレンドでもある“ゆるさ”をシルエットや柄、マテリアルといったディテールワークで巧みに取り入れて、大人が合わせやすいアイテムで流行りのストリート感が表現できる。それは靴も然り。高感度と安定感のハイブリッドはラコステならでは。

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する
PR

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。
日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する

LAやTOKYOなど世界主要都市に旗艦店を持ち、ビッグブランドとして不動の地位を築いたスープラ。にもかかわらずストリートという軸がブレることはない。海外セレブも然り、主張のある靴は世界中にファンがいる。だからこそ、このモデルは日本限定で復刻というローカル感にやられる。ピックアップされたのはスカイトップのセカンドモデル。世界を見渡す靴好きならば、このレア度に共感するはず。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14

ページトップへ