• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2018.07.11

みんな大好きなあのブランドの詳細解説! Vol.5スポーツブランド虎の巻

スポーツMIXの流行りは衰え知らず! もちろん各ブランド自体が進化しているんだけど、理由はそれだけじゃない。読めばスポーツブランドの今がよくわかる!

スポーツブランドは
今やストリートスタイルと密接!
日本では運動着にしか思われていなかった’80年代、アメリカではスポーツブランドがオシャレというユースカルチャーが誕生した。そこから約30年が過ぎた今、スポーツブランドはスケートラインといったコアなストリートアイテムをラインナップし、これらにも支持が集まるようになった。ヒップホップ界でも、大物アーティストとコラボするなど、スポーツブランドはストリートの世界で確実に勢力を広げているのだ。

まずはおさえておこう! 支持が高まるビッグカンパニーのスケートライン
4年に1度の世界的大会で正式種目になり、2020年に向けて、スケボーはゆるぎないアクションスポーツになった。だから、スケーターが支持するのは当然なんだけど、さらには、スケーターでなくても街着する人がどんどん増えている。スケートするためにデザインされたプロダクトは、どれもシンプルでありながら遊びが効く。まずは、服好きに好まれるこの2大ブランドをチェックしよう!

 その1 テクノロジーをスタイリッシュに落とし込む”NIKE SB”!
最新ソールや新たな素材など、ナイキの技術は、このスケートラインにも確実に注ぎ込まれている。ポール・ロドリゲスやステファン・ジャノスキーなど、天才ボーダーたちが所属し、彼らの活躍がこのブランドをまた後押ししている。

たとえば、こんなアイテムがラインナップする!

アノラックパーカをモチーフにした1枚。ハーフジップやロゴでさりげなく遊んだ色使いがいい。ブルゾン1万円(ナイキ カスタマーサービス)


’80sのバッシュをバルカナイズドソールに変えスケート仕様に。ガムソールが気分を盛り上げる。シューズ7500円(ナイキ カスタマーサービス)


“NIKE”の横に“SB”と入ったロゴ。キャップを派手な色でハズせばストリート感も出やすい。キャップ3500円(ナイキカスタマーサービス)

こんな感じで"NIKE SB"を街で着こなしてみよう!

アクテイブな中にカーキで男らしさを加味! ラフなTシャツスタイルには、ミリタリーパンツを合わせ重さを出した。ラフなミリタリーMIXのスケートスタイルに。ナイキ SBのTシャツ3500円、パンツ8500円、シューズ1万1000円、キャップ3500円(すべてナイキカスタマーサービス)、手に持ったワンダー ランドのチェックシャツ1万6000円(ノット ワンダー ストア)

その2 遊びの効いたデザインが映える"adidas Skateboarding"!
マーク・ゴンザレスやデニス・ブセニッツなどのカリスマライダーを要し、デザイン性が目を引くこのブランド。アート性にも長けたアイテムのラインナップはいつも好評であり、機能面ももちろん多くのスケーターから絶大な信頼を得る。

たとえば、こんなアイテムがラインナップする!

アフロヘアの男がイラストでロゴとフードの裏地に描かれている、ポップな1枚。パーカ7990円(アディダスグループお客様窓口)


人気の"マッチコート"。コートタイプをスケート仕様にリファイン。シューズ7900円(アディダスグループお客様窓口)


鮮やかなオレンジが目を引く。小さなブランドロゴがかわいらしい。キャップ3490円(アディダスグループお客様窓口)

こんな感じで"adidas Skateboarding"を街で着こなしてみよう!

デザイン性の効いたアイテムは、クールで都会的なスタイルを構築する。首元のロゴや袖のスリーストライプスが効いたクリーンなトップスで、グレーのシャカシャカパンツを合わせスタイリッシュに仕上げた。アディダス スケートボーディングのスウェット4990円、シューズ9990円、アディダスオリジナルスのパンツ8990円(すべてアディダスグループお客様窓口)、ビームスのソックス1500円(ビームス原宿)

覚えておくとためになる! スポーツブランドがストリートに浸透したルーツ
’80sのスケーターはスポーツブランドのバッシュを履くことが多かった。でもそれはイケてるというより安かったから。そんな存在であったブランドがカッコいいとなったのは、ヒップホップの影響が大きい。当時人気を誇ったアーティストが愛用し、人気に火がついたからなんだ。その後、’90s半ばにはヒップホップ好きのスケーターが多く出現し、不動の存在へとストリートのスターダムを駆け上ったんだ。

'80sにこの2組が着用し、ストリートに激震を走らせた!
 

"ラン DMC"。アディダスのジャージをまとい、ヒモをはずしてスーパースターを履く姿に、当時、誰もが衝撃を受けた。クイーンズ出身の中流階級育ちだったからこそ生まれたスタイルかもしれない。

"ビースティ・ボーイズ"。プーマのスウェードやジャージ、アディダスのキャンパスなどを愛用した彼らもスポーツアイテムをオシャレに見せた。NYの大学に通っていた都会派の彼らのスタイルは今も色褪せない

 
ブロンクスで誕生した貧困層によるヒップホップカルチャー。'80sに入り規模を拡大し、ユースカルチャーを巻き込む程の影響力をつけていった。その中で人気を得たアーティストは多数いるけど、スポーツブランドのアイテムを着用し、衝撃的なスタイルを放ったこの2組はぜひ覚えておこう。

今現在、シーンのトップを走るアーティストも愛好家! だから人気は衰えない
 

"カニエ・ウェスト"。グラミー賞に50回以上もノミネートされるブラックミュージックを代表する人物。アディダスとのコラボコレクション"イージー ブースト"シリーズはプレミアの値段がつくほど大人気

"ケンドリック・ラマー"。今年度のグラミー賞最優秀ラップ・アルバム賞など多くの賞を受賞するラッパー。過去にはリーボック クラシックスとコラボスニーカーを発表。昨年からナイキとパートナーシップを結んだ

 
"ラン DMC"と"ビースティ・ボーイズ"は、ヒップホップの中でもオールドスクールといわれるスタイルに入るが、ニュースクールとくくられる現在のシーンでも、スポーツブランドの人気はアーティストに根付いている。ブランドとのコラボレーションも行っているこの2人は要チェックだ。


以上、スポーツブランドのスケートラインを紹介。スタイリングの選択肢に入れておくと、着こなしに幅が出てくる。スケーター感が漂うスポーツMIXは、アクティブかつストリート感があっていいよね。ぜひ取り入れてみて! 次回、連載最後となるVol.6は服好きに定評のある通なブランドについてご紹介するよ!

INFORMATION

●アディダスグループお客様窓口
TEL:0570-033-033

●ナイキ カスタマーサービス
TEL:0120-6453-77

ビームス原宿
TEL:03-3470-3947

撮影/村本祥一(BYTHEWAY) スタイリング/川田真梨子 ヘアメイク/大城祐樹 モデル/小島義雅[本誌専属] イラスト/green K
※価格はすべて税別です 
※FINEBOYS6月号掲載商品のため、売り切れや取り扱い終了の場合がございます。ご了承ください。

NEWS!〈ザ・クロックハウス〉オリジナルブランド初のデジタルウオッチ、デビュー!街使いに最適な“レトロ顔デジタル”!
PR

NEWS!〈ザ・クロックハウス〉オリジナルブランド初のデジタルウオッチ、デビュー!
街使いに最適な“レトロ顔デジタル”!

〈ザ・クロックハウス〉オリジナルブランドから、ついにデジタルウオッチが登場!限定品を含む10モデルを一挙にラインナップさせ、タウンカジュアルな着こなしにベストな1本を提供する。

〈ザ・クロックハウス〉オリジナルウオッチのもうひとつの選択肢高見えの“リーズナブルシリーズ”
PR

〈ザ・クロックハウス〉オリジナルウオッチのもうひとつの選択肢
高見えの“リーズナブルシリーズ”

すべて1万円以下と驚くほどにリーズナブルなのに、“高見え”なグッドデザイン。〈ザ・クロックハウス〉オリジナルウオッチには、そんな優等生なシリーズも展開されている。

Everyday Enjoy Giftペアウオッチなら“いつまでも一緒にいたい”想いが伝わる!
PR

Everyday Enjoy Gift
ペアウオッチなら“いつまでも一緒にいたい”想いが伝わる!

特別な二人でいたいから。ペアウオッチは、そんな想いを形にできる便利なツール。“出会って3カ月目”などちょっとした記念日に贈るギフトとしてもちょうどいい。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2020春夏
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.17
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS

ページトップへ