• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2022.11.21

僕らのちょうどいい名品ニューバランスのMET24

ガッチガチのスーツを着るほどではないけど、「少しちゃんとして見える」カッコをしなきゃいけないシチュエーションって、意外とある。そんなときのために黒のセットアップを備えておくと安心だ。ただ、どうせなら、普段着としても使いたいっていうのが本音のところ。そこで知っておきたいのがニューバランスのアパレルライン「MET24」。カジュアルさを残しながら大人っぽく仕上がる黒セットアップは、持っていれば重宝すること間違いナシ。「都市生活者のための24時間服」ってコンセプトも、なんだか僕らの生活にしっくりくるよね?

MET24は2019年に大ヒットしたコレクション「ウェスト トゥ トウ」の後継として2021年にデビュー。たくさんの支持を得たコレクションを踏襲しているってことで、その質の高さはお墨付き。
「都市生活」がキーワードだけに、アーバンライクな仕上がりのアイテムが多く、とくにセットアップは秀逸。一生モノのスーツを買うような値段でもなく、手が届きやすいこなれた価格というのもまたいいでしょ? 
黒のセットアップというと、それだけ着ておけば「ちゃんとしてる感」はバッチリ。でも「これ見よがし感」が強すぎると、普段着としては使いにくいよね。
MET24はその辺のバランスをコントロールしているのがうまいところ。素材感やディテール、シルエットの妙で、キメキメじゃないのにキマるという……。
これ本当に絶妙で「こういうの欲しかった!」を叶えてくれたと言っても過言じゃないかも。というわけで、何がスゴイか、しっかり解説していこう。

キメすぎないが新基軸。いつだって着られる
「MET24」の黒セットアップ

余計な装飾のない1着はワードローブにあるとかなり重宝する。ちょっとキレイめな気分の日、彼女とのディナーデート、ビジカジOKの職場など、どんなシーンでも対応できるプレーンなデザイン。

普段着ジャケットは

肩肘張らないやつがいい

ただキレイめなスタイルを作るだけなら、選択肢は多いかもしれないけど「カタすぎない」ってことになると話は別。
ジャケットスタイルはその塩梅が案外難しい。カッチリしすぎていると動きにくかったり、気を張ったり、生地の痛みまで気にするようになっちゃったら……もう。ずっとストレスを感じながら過ごすことになるからね。
でもMET24のジャケットは、その辺りを心得ている。まず素材はテックスブリッド®️インレーというニューバランスのオリジナル。ハリはありつつも、美しいドレープができるから表面は上品な印象。裏面はスウェットの裏毛のような肌触りで、やわらかく心地よい。ストレッチも効いているから、動くのもラクちんだ。
まさに「肩肘張らない」ジャケットとは、このことを言うのかな、というくらいの快適な着心地なわけ。糸の構造が工夫されていて、型崩れしにくいというのも、余計な気を使わなくていいから、ストレスフリーだよね。


ニューバランスのジャケット2万7500円(ニューバランスジャパンお客様相談室)

3シルエットのパンツで
セットアップに個性出し
 

ワイドテーパードフィットパンツ

スリムテーパードフィットパンツ

スキニーフィットパンツ

 
実は、ひと口にセットアップと言っても、MET24では合わせられるパンツのシルエットが3種類用意されていて、それぞれの印象はけっこう違ったりする。
前身の「ウェスト トゥ トウ」がニューバランスのシューズを美しく見せるためのパンツコレクションだったこともあって、そのこだわりをしっかりと引き継いでいるというわけだ。
ラインナップは、ベーシックなスリムテーパードフィットに、スキニーフィットとワイドテーパードフィット。
この3シルエットを揃えておけば、無難にいきたいときはスリムで、ちょっとドレス寄りに攻めるならスキニー、逆に崩すならワイドなんて、気分やシーンに合わせてコーディネートする楽しみも生まれるはず。
つまりはジャケットが1着でも、セットアップのパターンは3つあって、着まわしが効くってことだ。
もちろん、脚長効果を期待したいなら細身を選ぶとか、下半身の太さが気になるならワイドで隠すとか、自分の体型別に選べるのも嬉しいところでしょ!?
ニューバランスのパンツ各1万7600円(すべてニューバランスジャパンお客様相談室)

ラインナップ豊富な
MET24でトータルコーデを

セットアップのみならず、MET24はアウターやフリースなど、その他のアイテムも充実している。つまり、同じテンションのアイテムで、ブレのないトータルコーデが可能。
じゃあ、黒セットアップに合わせるなら何がいいかというと……やっぱり大人っぽいロング丈コートが気分。とはいえ、ビジネスマン風すぎるのはまた違うんだよね。そこで、ちょっとミリタリー風味が強いステンカラーコートを選んでみてはどうだろう。
これならカタくなりすぎず、今どきストリートな雰囲気も薫ってくる。生地はナイロンタスロンにフィルム加工していて、防水性や防風性もバッチリ。中綿はプリマロフトで軽くて暖かい仕上がりだ。色はセットアップに合わせてやっぱり黒! MET24らしく、とことん都会的なコーディネートを目指そう!
ニューバランスのコート3万5200円(ニューバランスジャパンお客様相談室)

INFORMATION

ニューバランスジャパンお客様相談室        
0120ー85ー7120

文/池上隆太 撮影/松尾 修(STUH)

リアル目線のベスト時計BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE
PR

リアル目線のベスト時計
BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE

いよいよ2022年も総仕上げ! 今年はどんな腕時計が人気を博したのか? 日本全国に約240店舗を展開する国内最大の時計専門店チェーンであるザ・クロックハウスから、テーマごとのベストウオッチをリサーチ。選出された合計11本の時計を見れば、今のトレンドが見えてくる!

〈G-SHOCK〉はいつでも近くに。僕らの毎日に「2100」シリーズ。
PR

〈G-SHOCK〉はいつでも近くに。
僕らの毎日に「2100」シリーズ。

雲の上の憧れ高級時計から便利なスマートウォッチまで、現代はさまざまな時計であふれている。そんな中、唯一無二の存在感を放っているのが、そうG-SHOCK。圧倒的なタフネスとギア感・機能美にあふれたデザインで、オンでもオフでも活躍してくれるオンリーワンなブランドだ。膨大なラインナップを持つG-SHOCKの中で、今僕らが注目したいのは2019年に初登場した「2100」シリーズ。普段の生活に取り入れるなら、どんなモデルをどう使いこなすべきか。着こなしのサンプルとともにお届けしよう。

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。「黒」に映えるデジタルウオッチ
PR

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。
「黒」に映えるデジタルウオッチ

これから冬に向けてはとくに、ファッションにおいて「黒」が主役になる。存在感のある黒アウターを着る日もあれば、スタイリッシュなオールブラックの日もあるだろう。そんな「黒コーデ」になじむ、いや“映える”腕時計が、〈ディーゼル ウォッチ〉から登場! ブランドらしい大胆でスポーティなルックスが魅力の「MASTER CHIEF DIGITAL(マスター チーフ デジタル)」だ。インパクト抜群で着こなしの完成度を上げてくれる。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.23
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.6
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.38
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.19
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022秋冬
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.22
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.5
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.18
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.37
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022春夏

ページトップへ