• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2019.07.07

フリークスストアのイケメンスタッフ、八巻宏輔さんが推すTシャツ3枚

オシャレな業界人が大切にしている‟思い入れのある”Tシャツをご紹介。話を聞かせてくれたのは、人気セレクトショップ〈フリークス ストア〉の男前スタッフ八巻宏輔さん。これから紹介する3枚のTシャツに、彼の服好き人生がすべて詰まっているみたいだ。気になる中身を覗いていこう。

PROFILE

八巻宏輔さん
フリークス ストア渋谷店で抜群の存在感を発揮しているのが八巻さん。その甘いルックスに加えてオシャレセンスも申し分なし。本誌のブランドSNAP企画の常連でもある。それではそんな八巻さんが推す3枚のTシャツを見ていこう!

01
ザ サカキの襦袢シャツ地Tは
6年間、愛用しています

「ザ サカキの襦袢Tシャツは、日本の伝統的なインナーをベースに作られた名作。ハリ感のある生地や立体的なシルエットがとてもツボです。思い返せば大学生のころから集めていましたね。この和テイストなシャツ地Tシャツをコーディネートに1点投入するだけで、鮮度の高い着こなしになるんです。さまざまな服と合わせやすいのもポイント。僕のワードローブに欠かせない存在です。現在は発売休止されていることもあり、入手困難となっています……」

02
はじめて背伸びをして買ったのが
アンユーズドのサーマルTです

「アンユーズドのTシャツは、大学1年生のときに憧れを持ったブランドの1枚。雑誌を読んでいて『これ欲しい!』と思う服のほとんどがアンユーズドだったんですよ。価格は約1万4000円と、はじめて背伸びをして購入したのを覚えています。もう6年くらい愛用していますが、ほとんどヨレません! なので今でも袖を通しています。当時は高いと思っていてもずっと使えるので、シーズンごとにコロコロ買い替えるよりコスパがいい気がします。あのとき奮発して本当に正解でした!」

03
師匠から贈られたバックプリントTは
一生大事にしたい宝物

「師匠から贈られたバックプリントTというのは、個人経営のセレクトショップでバイトをしていたとき、成果を出せたご褒美にオーナーからいただいたご本人私物のものです。このオーナーから接客以外にも、服の知識や着こなし、社会人になるうえで必要なマナーなど、さまざまなことを教わりました。そんな僕の師匠ともいえる方から贈られた宝物のTシャツなんです。Tシャツのブランド名は不明なのですが、ゆったりとしたシルエットやドローコード、パッと目を引く背面などなど、とにかく気に入ってます」

「背面は壁画のようなデザインです。こういうキャッチーな服が贈られるってうれしいですよね」

ずっと大切にしたいと思えるTシャツがワードローブに存在するって何かカッコイイ。僕たちも宝物と呼べるTシャツを今から探してみよう!

そのほかのオシャレ業界の私物Tシャツ記事がこちら!
ビームス前田太志さんに聞いた!10年以上大事にしているTシャツ×3
オーシャントーキョー高木琢也さんが溺愛しているTシャツ独占スクープ!
ディーゼル桑野宏一郎さんの私物Tシャツがオシャレすぎる件
アーバンリサーチ柳堀佑太さんに聞いた!心のマイベストTシャツ3選

●撮影/田中利幸
※掲載ブランド、価格は自己申告によるものです。ブランドへの問い合わせはご遠慮ください

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS Start up 0 CAMP
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY
FINEBOYS 大人の足元は主張のあるスニーカーで!
FINEBOYS FINEBOYS +plus SUIT Vol.33
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.18
FINEBOYS FINEBOYS Start up 0 ビジネスマナーがわかる本
FINEBOYS FINEBOYS Start up 0 お金のことがわかる本
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2020春夏
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.17
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32

ページトップへ