• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2018.07.25

イケてるヘアを作る美容師ってどんな人? vol.1美容師名鑑<BRIDGE(ブリッジ)・並木一樹さん>

人気美容師のインタビュー連載がスタート! 栄えある第一回目は、「モテ髪理論」連載にて男らしいセクシーなリーゼントスタイルを提案してくれた並木一樹さん。お店では副店長を務め、ファッション誌などからの信頼も厚い彼の人となりに迫ります!

■BRIDGE(ブリッジ)・並木一樹さん

原宿の人気サロン・ブリッジ副店長。ナチュラルな中にも少しモード感のあるヘアが得意。
カットの技術はもちろんのこと、そのファッション感度の高さから
ファッション誌をはじめとするメディアからの信頼も厚い、おしゃれでセンス抜群のスタイリスト。

■このヘアを作った人!

「モテ髪理論」連載では、現代風にアップデートしたリーゼントスタイルを披露。
キメすぎない力の抜けたシャレ感が、サロンマインドを感じさせる。
人気美容師に聞く!モテ髪理論vol.1を読む


■人気美容師・並木さんにインタビュー


学生時代から自分のマインドを主張することが
当たり前の環境にいた


―――高校~短大と工業系の学校に通い、卒業後に美容専門学校へ進学した並木さん。
まわりの学生に比べて2年遅れのスタートとなったそう。

「もともと、ものを作るのが好きで高校も短大とくっついた工業系を選んだんです。当時から服には興味があったんですが、ファッションに直結した仕事というよりも、もっと作り手側によったクリエイティブな仕事でファッションと関わりたいと思っていて。そんなときにはじめて原宿の美容室で髪を切ってもらって、美容師になりたい!と一念発起。工業学校を卒業後、美容の専門学校に入学しました」

―――卒業後はそのままブリッジに入社し、今年で11年目。
アシスタント時代から雑誌に取り上げられることも多かったとか。

「スタッフの雰囲気はもちろん、ファッションに寄り添ったスタイル作りができる点に惹かれてブリッジを選びました。アシスタント歴は5年半。ありがたいことに当時からファッション誌には出させていただけて。それに加えてブログも頑張ってみたり、自分から発信することを大事にしてました。将来自分がスタイリストになったときに、そういう地道な積み重ねがサロンワークにつながってくると思ったんです」

―――ファッションやカルチャーにおいても造詣が深い並木さん。
その基盤は高校~短大の5年間を過ごした工業学校時代にあったという。

「通っていた学校は制服がなく、毎日私服。スケボーで登校してたり、派手すぎる服を着ていたり、とにかく変わった人が多くて。音楽とかファッションとか、カルチャーに関心の強い友達がたくさんいて、みんなそれぞれ服とか好きなもので自分のマインドを主張している。そういう自己表現に寛大な環境にいたからこそ、今の自分があるような気がしてます」

「シザーポーチは今年に入って新調。スタイルになじむレザーの風合いが気に入ってます」

お客さんの希望を
いかに汲み取れるかが重要

―――人気スタイリストとしてファッション誌やモデルからの信頼も厚い。
お客さんと接する上で、意識していることとは?

「僕のお客さんは大学生から社会人まで幅広いのですが、デザインの提案はしつつも、お客さんの普段のライフスタイルや好きなものをさりげなく聞き出して、希望をできるだけ汲み取ることを意識しています。そこをうまくできるかが、美容師として重要なポイントだと思うんです」

 

NEXT

2/2PAGE

並木さんの思う”モテる人”とは

 

ヘアも人柄も、作りこまないほうが魅力的

―――前回協力してもらった「モテ髪理論」の企画にちなみ並木さんの“モテ理論”を聞くと、
それまでのやわらかな物腰とは一変し鋭い回答が。

「僕個人で思うのは、モテを考えすぎている人はモテないんじゃないかなと(笑)。自分はこれが好き、こうしたいっていう自分のマインドをきちんと持って生活しているほうが、魅力的な気がします。とくに今って、そういう他人の目線を意識しない時代になってきている気がしていて。ヘアも作りこんだスタイルよりは、ラフで自然なスタイルのほうが自分自身の魅力を引き出せるんじゃないかなと思います」


「接客業なので、ファッションは清潔感を重視しています。そこにシルエットや生地感で遊び心をプラスするのが定番。ブランドはニードルズやオーラリーが好きで、今日のセットアップもオーラリーのものです」

―――最後に夏の一押しスタイルを聞いた。

「夏はパーマヘアがおススメです。海に行ったりフェスに行ったり、レジャーを楽しむことが多くなる季節なので、髪が濡れてもペタンとせずにカッコよさをキープできます。あとはセンターパート。マッシュに飽きてきた人は、前髪を少し伸ばして変化をつけてみるのもいいと思います」


「コンセプトはナチュラルモードなヘアを提案するサロン。キメすぎない自然なカッコよさが作れます。ファッション好きなスタッフが多い居心地のいいサロンなので、ぜひ気軽に遊びに来てください!」


ーーーーーーーー
■並木さんが考案したモテ髪はコチラ

INFORMATION

BRIDGE(ブリッジ)
東京都渋谷区神宮前6-9-11 堺ビル2F
営:11:00~21:00(土10:00~20:00、日・祝10:00~18:00)
休:毎週月曜、第一・第三火曜
TEL:03-3400-0214
URL: artis-salon.com

撮影/榎本洋輔

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.01パッカブルバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.01
パッカブルバッグ

専属モデルの杉野遥亮がディーゼルの新作バッグの中からとくにオススメのものをレコメンドする新連載! 第1回目はあると何かと便利なパッカブル仕様のバッグ。ただ、この手のアイテムってちょっとチープに見えがちなのが難点。しかし、そこはディーゼル。ミリタリーアイテムに見られるミルスペックようなラベルを採用したり、ビンテージ感ある風合いの素材使いでそんなふうには見せないのがすごい!

シーンに合わせた時計選び1週間コーディネート術
PR

シーンに合わせた時計選び
1週間コーディネート術

T.P.O.S.に合わせたスタイルでラインナップしているのが、〈ザ・クロックハウス〉オリジナルウオッチの魅力。仕事のある平日からオフの休日も、それぞれのシーンに合った1本がきっと見つかる。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.29
FINEBOYS FINEBOYS靴 vol.10

ページトップへ