• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2019.01.20

イケてるヘアを作る美容師ってどんな人? vol.8美容師名鑑<GARDEN HARAJUKU(ガーデン ハラジュク)・細田真吾さん>

ヘアスタイル連載「人気美容師に聞く!モテ髪理論」と連動して、勢いのある美容師にインタビューするこの企画。第8回目は、有名店GARDEN HARAJUKU(ガーデン ハラジュク)から細田真吾さんが登場。美容師になったきっかけから独自の「モテ」理論まで、気になるパーソナリティに迫ります!

■GARDEN HARAJUKU(ガーデン ハラジュク)・細田真吾さん
ガーデン ハラジュクのトップデザイナー。
もともとの髪質を生かしたナチュラルなヘア提案が得意。
メンズのほか、女子のヘアも多数手がけている。

■このヘアを作った人!
連載「モテ髪理論」では、ナチュラルな素髪風ヘアを披露。
カラーやパーマはせずカットのみでニュアンスを加え、軽やかで好感度大なショートマッシュに仕上げた。
人気美容師に聞く!モテ髪理論vol.9を読む

■人気美容師・細田真吾さんにインタビュー
オールマイティな美容師を目指してガーデンに

―――日本各地からニューヨークまで、さまざまなエリアに店舗を構える有名サロン・ガーデン。その原宿店で、トップデザイナーとしてハサミを握るのが細田さんだ。

「美容師を志したきっかけは、学生のころにかけた縮毛矯正でした。当時の僕は生まれつきのくせっ毛にとても悩んでいたんです。美容師さんの手によって自分の髪が変わることに感動して、その気持ちがだんだんと憧れに。高校生のとき、美容師になろうと決意しました」

―――専門学校を卒業し、新卒でガーデンへ。入社当時に感じていた魅力と、今感じている魅力、それぞれについて教えてくれた。

「ガーデンは店舗がとても多いので、その分個性的な従業員が多く集まっているところが魅力です。女性が得意な人もいれば男性が得意な人もいて、パーマ、カラー、カット……さまざまなプロフェッショナルがそろっている。当時の僕は、お客様のやりたいことを、『僕、ちょっとそれ苦手なんですとは言いたくなかったし、なんでもこなせてお客さまの期待に答えられる美容師を目指していました。なので個性あふれるガーデンは、いろいろな経験が積める魅力的な環境だったんです。入社して8年になりますが、入社当時に感じていた魅力と今感じている魅力は、いい意味で変わっていないですね。今は老若男女問わず、いろいろな方の髪を手がけることができています」

―――オールマイティな技術力に定評がある傍らで、カットにはとくに自信があるという細田さん。

「お客さま本来の髪質に合わせたカットが得意です。今回作らせていただいた『モテ髪』も、モデルの髪質を生かすような素髪っぽさを意識。ナチュラルで作り込み過ぎないヘアを推しています」「サロンワーク中は動きやすい格好が多いですが、だからといってカジュアル過ぎないようバランスには気をつけています。キレイめな雰囲気を少し出すことがこだわりです」

「フジフィルムの一眼レフカメラ。作品撮りに使っています。今まではケータイで撮っていたのですが、ここ数年でSNSに力を入れるようになったので購入しました。いち美容師として、サロンワークに限らず外に発信するものにはこだわりたいという思いがあって。おかげでSNSを見てお店に来てくれる方も増えましたね。仕事の延長でもあるのですが、すごく楽しいです」

―――最後に「モテ」に必要なことを聞いてみた。

「自分の我を出しすぎたりモテを意識してギラギラするよりは、柔らかい雰囲気や自然体でいることが大事。髪型でいえば、極力ナチュラルな素髪っぽいヘアスタイルがいいのではないでしょうか」

ーーーーーーーー
■細田さんが考案したモテ髪はコチラ!

INFORMATION

GARDEN harajuku(ガーデン ハラジュク)
東京都渋谷区神宮前6-28-6 キュープラザ原宿6F
営:11:00~20:00(火・水)、12:00〜21:00(木)、12:00〜22:00(金)、10:00〜20:00(土)、10:00〜19:00(日・祝)
休:毎週月曜
TEL:03-5774-0091
URL:garden-hair.jp

撮影/榎本洋輔 モデル/常山正太郎

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.03デニムバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.03
デニムバッグ

オシャレと実用性の両方が求められるバッグって、選ぶのがなかなか難しい。ましてや、どんなコーディネートにも合う、まわりの人とかぶらないって話になると難易度がさらに上がってくるはず。そんなバッグ探しに終止符を打ってくれるのが〈ディーゼル〉のデニムバッグシリーズ。シンプルな見た目は着こなしに溶け込むし、ブランドを象徴するタフなデニム使いで、個性も、実用性もバッチリだ!

カンゴールで見つけた最新秋服オススメ10選
PR

カンゴールで見つけた最新秋服オススメ10選

あのカンゴールの最新秋服を、ZOZOTOWNなどで人気を博すECブランドMONO-MART(モノマート)が別注! キミのワードローブに取り入れるだけでオシャレに格上げされる10のトレンド服をピックアップした。挑戦しやすいシンプルなデザインとリーズナブルな価格帯にも注目してほしい。

トレンドをコスパよく押さえたアベイルの新作!秋の着こなしは”カフェオレカラー”でハズレなし!
PR

トレンドをコスパよく押さえたアベイルの新作!
秋の着こなしは”カフェオレカラー”でハズレなし!

厳しい残暑の中でも、ファッション高感度な人ほど秋支度は急ピッチに進んでいる。トレンドにいち早く反応するショップ、アベイルならコスパよく揃えられる。ってことで、今回はイチオシの秋コーデをピックアップ! 移り行く季節に、何を買っていいか分からない人は特に必見だよ!

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”
PR

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立
僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”

走れるうえに、洒落ていること――昨今のスニーカーシーンの盛り上がりはこのマインドによる欲求なしには語れないだろう。それはアクティブな趣味を持つ大人たちが、ライフスタイルを謳歌するなかで1足に求める汎用性や機能性を追求し続けてきた結果なのかもしれない。〈ASICS〉の新作“GEL-QUANTUM”シリーズはまさにそんな欲求を具現化した1足だ。

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。
PR

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない
東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。

暑さもすっかり落ち着いてきたこの時季は、街を流して駆け抜けるのに気持ちがよい季節。そんなとき、〈アシックスタイガー〉のスニーカーとウエアは見た目はもちろん、機能的にも心地がいい。今日もいつものスタイルに着替えて、東京ストリートを颯爽と走り抜けていく。

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。
PR

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ
大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。

ラコステといえば“オーセンティック”なデザインを想像する人は多いだろう。そのイメージで間違いないのだけど、ここ最近のラコステはそれだけではない。トレンドでもある“ゆるさ”をシルエットや柄、マテリアルといったディテールワークで巧みに取り入れて、大人が合わせやすいアイテムで流行りのストリート感が表現できる。それは靴も然り。高感度と安定感のハイブリッドはラコステならでは。

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する
PR

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。
日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する

LAやTOKYOなど世界主要都市に旗艦店を持ち、ビッグブランドとして不動の地位を築いたスープラ。にもかかわらずストリートという軸がブレることはない。海外セレブも然り、主張のある靴は世界中にファンがいる。だからこそ、このモデルは日本限定で復刻というローカル感にやられる。ピックアップされたのはスカイトップのセカンドモデル。世界を見渡す靴好きならば、このレア度に共感するはず。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14

ページトップへ