• twitter
  • instagram
SEARCH

SHOES- シューズ -

2022.03.29

「ナイキ」で今こそ買いたい鉄板エア マックス!

スニーカーシーンでトレンドを牽引するブランドといえば「ナイキ」がその一つ。"エア フォース 1"や"ダンク"、"エア プレスト"といった人気シリーズ・モデルを数多くそろえる中、ブランドのアイデンティティと言っても過言じゃないのが"エア マックス"。春夏シーズンを迎え、着こなしが軽装になったこの頃。軽快に履きこなせる名作"エア マックス"をご紹介!

"エア マックス"とは?

その歴史は1987年、初代となる"エア マックス 1"にはじまる。本作は"エア"を可視化した"ビジブルエア"を搭載し大ヒットを記録した。それ以来、"エア マックス"シリーズはナイキの人気を不動のものにし、スニーカーブームまでと波及することになる。中でも、1995年に登場した"エア マックス 95"は空前の大ヒット。ハイテクスニーカーブームのきっかけにもなった。もちろん現在に至るまで機能性はもちろんデザインも進化を遂げており、四半世紀以上に渡り、絶大な存在感を放っている。快適かつスタイリッシュな足元を目指すなら、"エア マックス"をチョイスして間違いない!

今、オススメの"エア マックス"はコレ!

1990年に登場して以来、決して色褪せない珠玉モデル!


ナイキ エア マックス 90 SE

1990年に"エア マックス"シリーズの3代目としてリリースされて以来、今でも色褪せることのない名シューズと言えるのが"ナイキ エアマックス 90"。カジュアルスタイルの定番スニーカーとして常に高い人気を維持しながら、2020年には30周年を祝うアニバーサリーモデルが数量限定で登場。再び多くのスニーカーヘッズが注目しているモデルである。本作ではネイビーとグレーを基調にしたアッパーにレッドのディテールを加え、洗練された雰囲気にアレンジされている。ナイキ スポーツウェアのシューズ1万4300円


'90年代のハイテクブームを牽引した名作をアップデート!


ナイキ エア マックス 95 SE

スニーカー史上空前の大ヒットを記録し、1990年代に日本中で巻き起こったハイステクスニーカーブーム。そのきっかけとなった"ナイキ エア マックス 95"は今や誰もが納得する伝説的モデル。本作はそのアップデートモデルとなる。サイドの重なり合うグレーのグラデーションなど、「ナイキ」の有名デザイナー、セルジオ・ロザーノが手がけ、特徴的なディテールはそのままに、時代に呼応するかのようにサステナブル仕様に進化した。ゼロカーボンと廃棄物ゼロに向けた「ナイキ」の取り組みを反映し、重量の20%以上にリサイクル素材を使用する。ナイキ スポーツウェアのシューズ1万8700円


エコな取り組みと優れた履き心地を両立!


ナイキ エア マックス テラスケープ プラス

1998年にアメリカの大型スニーカーショップ「フットロッカー」限定でリリースされた"ナイキ エア マックス プラス"。(通称:マップラ)。当時は日本での流通数が少なかったことからあまり注目されなかったが、近年では最新のエア ソールを組み合わせた"ナイキ エア ヴェイパーマックス プラス"がヒットし、人気モデルの仲間入りを果たした。そんな"ナイキ エア マックス プラス"の最新モデルがこれ。廃棄されたスニーカーや他モデルの生産工程で発生したスクラップをリサイクルして作る素材"Nike Grind"と複数のフォームをブレンドした"クレーターフォーム"をミッドソールに使用。地球環境への配慮とともに、軽量性やクッション性も向上させている。ナイキ スポーツウェアのシューズ2万900円


レトロ&モダンが融合する意欲作!


ナイキ エア マックス プリディ

1973年に登場した"プリ モントリオール レーサー"、'79年に登場した"デイブレイク"、'70年代の競技用スパイクシューズの3要素からインスピレーションを得てデザインされたのがこの"ナイキ エア マックス プリディ"。シュータンラベルには、オールドナイキのシューズでよく見られる通称“筆記体ロゴ”の刺しゅうが施されており、ハイテク感とビンテージテイストのマッチアップがおもしろい。そしてミッドソールには、ビジブル エアを上下から硬質ラバーで挟み大胆に露出させ、その存在感を強調。総じて、クラシックさと近未来感をひと味違った角度で楽しめる1足だ。ナイキ スポーツウェアのシューズ1万5400円


歴代エア マックスをこの1足に凝縮!


ナイキ エア ヴェイパーマックス エヴォ

"エア マックス 90"、"93"、"96"、"エア マックス プラス"、"チューンド 99"、"ソーラス"、"180+"といった"エア マックス"シリーズの歴代7モデルの特徴的なパーツをひとつに融合させたこちら。まさに"エア マックス"シリーズの集大成とも言える豪華なモデル。また、ボリューム感のあるアッパーは合成素材とメッシュのコンビ。軽量で通気性に優れ、その見た目とは裏腹に快適な履き心地を提供する。ソールは”VaporMax”ソールを採用しており驚くほど優れた反発力を発揮。ナイキ スポーツウェアのシューズ2万5300円

 

以上、オススメの"エア マックス"をご紹介。たくさんのモデルが出ているだけに、どれを買っていいかわからないという人も、ぜひ参考にして! 不朽の名作だから、勢いで買ったとしても損はないはず!

●文・取材/本間 新

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。「黒」に映えるデジタルウオッチ
PR

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。
「黒」に映えるデジタルウオッチ

これから冬に向けてはとくに、ファッションにおいて「黒」が主役になる。存在感のある黒アウターを着る日もあれば、スタイリッシュなオールブラックの日もあるだろう。そんな「黒コーデ」になじむ、いや“映える”腕時計が、〈ディーゼル ウォッチ〉から登場! ブランドらしい大胆でスポーティなルックスが魅力の「MASTER CHIEF DIGITAL(マスター チーフ デジタル)」だ。インパクト抜群で着こなしの完成度を上げてくれる。

〈ニトリ〉のN-HEATEXボトルで寒い日も楽しいコーヒーと自転車と。僕だけの特別な時間
PR

〈ニトリ〉のN-HEATEXボトルで寒い日も楽しい
コーヒーと自転車と。僕だけの特別な時間

今日もお気に入りの〈ニトリ〉のボトルにコーヒーを入れ、リュックに詰めて出発── 自転車に乗って家から少し離れた公園へ。ここでコーヒーを飲みながら課題をするのが最近のルーティン。まさに僕だけの特別な時間だ。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.6
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.38
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.19
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022秋冬
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.22
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.5
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.18
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.37
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022春夏
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.21

ページトップへ