• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2019.07.08

ジャーナルスタンダード久世直輝さんの手放せないTシャツ3枚

夏服といえば真っ先に思い浮かぶのがTシャツ。オシャレな業界人はどんなTシャツを愛用しているのだろう。ということで、人気セレクトショップ〈ジャーナルスタンダード〉のプレス、久世直輝さんに取材を決行。絶対に手放したくないと語るTシャツを3枚ピックアップした。それでは早速チェック!

PROFILE

久世直輝さん
プレス業のかたわら商品企画も行う名物プレス。また、ループマシーンを使用するミュージシャンとしてクラブやライブハウスを中心に活動もしている。持っているTシャツは250枚くらい。それではそんな久世さんが大事にしている3枚のTシャツを見ていこう!

01
PRの仕事の枠を超えるきっかけになったのが
10匣(テンボックス)のチャリティーTです

「10匣のTシャツは、アメリカのホームレスが物乞いをする際に使うメッセージボード(ベガーズサイン)をたくさん集めて展示するチャリティーイベント「GOD BLESS YOU」を開催した際に製作した1枚です。集めたベガーズサインの中から1枚を選んでプリントしたものなんですが、とても大きな反響をいただきました。そして、今でも10匣とはPRの枠を超えてお仕事をしているので、そのきっかけになったという意味でも思い入れの強い1枚です」

02
ニュー・ファウンド・グローリーのバンドTは
サマソニで強運を引き寄せてくれました

「ニュー・ファウンド・グローリーのバンドTは、2003年のサマーソニックの大阪の物販で購入したものです。ライブ終わりにドラムのサイラス・ブルーキがオーディエンスに向かって投げたドラムスティックを奇跡的にゲットしたときに着ていたので、とても思い出深いです。当時は上にシャツ着たり、ライブに行くときは1枚で着たり、かなりスタメンのTシャツでした。かなりボロボロに着倒していますが、絶対に手放せないですね」

「バックにはバンドロゴがタイプライターで打ったようなデザインが入り、お気に入りのポイントです」

03
'70年代のアートカルチャー代表格!
ロバート・クラムのビンテージT

「'70年代カルチャーも大好きで、ロバート・クラムも好きなアーティストなんです。ポスターはいっぱい持っていたんですが、Tシャツを持っていなくて、やっと状態の良いものを見つけた! って感じで、3年くらい前に古着店・ケイムアントミー(いまは中目黒にありますが、当時は渋谷にありました)で購入したものです。キャラクターのミスターナチュラルのヒゲの感じが自分に近いっていう親近感もあって、お気に入りの1枚です」

久世さんのTシャツ選びで見えていたのは、好きなアーティストのものをリスペクトの対象として着る、ということ。そんな彼のTシャツ選びをぜひ参考にしてほしい。

そのほかのオシャレ業界の私物Tシャツ記事がこちら!
ビームス前田太志さんに聞いた!10年以上大事にしているTシャツ×3
オーシャントーキョー高木琢也さんが溺愛しているTシャツ独占スクープ!
ディーゼル桑野宏一郎さんの私物Tシャツがオシャレすぎる件
アーバンリサーチ柳堀佑太さんに聞いた!心のマイベストTシャツ3選
フリークスストアのイケメンスタッフ、八巻宏輔さんが推すTシャツ3枚

●撮影/伊藤恵一
※掲載ブランド、価格は自己申告によるものです。ブランドへの問い合わせはご遠慮ください

”らしさ”満載〈ディーゼル ウォッチ〉の新作男らしい手元にはこんなギミックの効いた時計で。
PR

”らしさ”満載〈ディーゼル ウォッチ〉の新作
男らしい手元にはこんなギミックの効いた時計で。

そろそろ秋に向けて着こなしをアップデートしたい——。ならまずは、毎日身につける腕時計から新鮮さを足してみない? 〈ディーゼル ウォッチ〉の新作「グリフド コレクション」は武骨なディテールはもちろん服に負けない存在感も魅力。男心くすぐるこの”新顔”は絶対見逃せない! さらに、今回はこの「グリフド コレクション」の4モデルを各1名様にプレゼント。秋冬ファッションを彩る1本をぜひゲットして!

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.02ロゴバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.02
ロゴバッグ

シンプルなアイテムを着ていると、その反動なのかちょっと主張できるものが欲しくなるもの。それはバッグも同じ。とはいえ、主張しすぎるデザインは毎日のコーディネートに合わせるのはちょっと難しい。そんなバッグ選びの悩みに終止符を打てるのが、この〈ディーゼル〉のロゴバッグ。過度に見えないシンプルな書体、だけど地味にならない絶妙なバランス感が最高! 見逃すのはもったいない!

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”
PR

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立
僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”

走れるうえに、洒落ていること――昨今のスニーカーシーンの盛り上がりはこのマインドによる欲求なしには語れないだろう。それはアクティブな趣味を持つ大人たちが、ライフスタイルを謳歌するなかで1足に求める汎用性や機能性を追求し続けてきた結果なのかもしれない。〈ASICS〉の新作“GEL-QUANTUM”シリーズはまさにそんな欲求を具現化した1足だ。

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。
PR

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない
東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。

暑さもすっかり落ち着いてきたこの時季は、街を流して駆け抜けるのに気持ちがよい季節。そんなとき、〈アシックスタイガー〉のスニーカーとウエアは見た目はもちろん、機能的にも心地がいい。今日もいつものスタイルに着替えて、東京ストリートを颯爽と走り抜けていく。

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。
PR

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ
大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。

ラコステといえば“オーセンティック”なデザインを想像する人は多いだろう。そのイメージで間違いないのだけど、ここ最近のラコステはそれだけではない。トレンドでもある“ゆるさ”をシルエットや柄、マテリアルといったディテールワークで巧みに取り入れて、大人が合わせやすいアイテムで流行りのストリート感が表現できる。それは靴も然り。高感度と安定感のハイブリッドはラコステならでは。

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する
PR

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。
日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する

LAやTOKYOなど世界主要都市に旗艦店を持ち、ビッグブランドとして不動の地位を築いたスープラ。にもかかわらずストリートという軸がブレることはない。海外セレブも然り、主張のある靴は世界中にファンがいる。だからこそ、このモデルは日本限定で復刻というローカル感にやられる。ピックアップされたのはスカイトップのセカンドモデル。世界を見渡す靴好きならば、このレア度に共感するはず。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.29

ページトップへ