• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2019.08.18

超特急FASHION DICTIONARY vol.19超特急タクヤ&ユーキ meets WATCH

8月8日(8号車の日)のライブを大成功させ、勢いが止まらない超特急! 現在発売中のFINEBOYS9月号では、「秋のはじまりに着たいロンTコーデ」を披露してくれている。モデルとしての彼らを見られるのはFINEBOYSだけじゃない! FINEBOYS Onlineの超特急FASHION DICTIONARYもチェックしないと! 今月のテーマは「時計」。19回目に登場するのはタクヤとユーキの2人!BULLET TRAIN No.4 TAKUYA 
meets Simple Watch


【Simple Watch/シンプル3針時計】
ここ近年、北欧時計が一躍ブーム。(北欧時計=派手さよりもとにかく実用的でライフスタイルと調和することを目指したデザイン。要素を削ることで機能と美しさを際立たせるという、独自のスタイルを継承し、スウェーデンやデンマークなどの北欧地方で生まれた時計のこと。)その影響もあって、時計業界では「シンプル3針時計」が定番化。″シンプル″というくらいだから長針・短針・秒針、3つの針の動きがしっかり確認でき、視認性の高さは完璧。流行りの時計ではあるものの、流行に左右されない不変のデザインだから、普段使いはもちろん、ビジネスでも、ちょっと気の利いたところにデートでも、シーンを選ばず使えるのが魅力だ。これはホントにマジで1本持っておいても損はしない!

■TAKUYA Coordinate
文字盤もケースもベルトも黒。じつは今、普段着にもビジネスにも使える!と注目されているのが"オールブラック"! ちょっと男っぽいビジュアルのこの腕時計を、甘メンのタクヤがつけこなすというギャップ……! たまんねぇな。
 

 
■TAKUYA Interview
――腕時計は普段つける派?
「時計はね、してますよ~。古着屋さんで買ったビンテージの時計なんだけど、そんなに壊れることもなく動いてくれててお気に入り。もう2、3年ぐらいは使ってるんじゃないかな? 基本、ゴツめのタイプよりもシンプルでアンティークっぽいものが好きだから、撮影でつけたやつも個人的には好きな雰囲気。ちゃんと考えたことなかったけど、その時計は無意識に毎日つけてるかも。家出るときのルーティーン化されてるのかなあ」

――時間も時計で確認する?
「それが時間は全然見ないんだよね(笑)。スマホで見ちゃう。時計は完全にアクセサリー感覚ですね。でもこのご時世、だいたいの人は時計しててもスマホ見ちゃうんじゃないですか?(笑)」

――アクセサリー感覚といっても、気に入ったものを長く使うタイプなんだね。
「そうですね。今はさっき言ったビンテージの時計がお気に入りだから長く使っていきたいけど、そろそろ年齢的にも何かいいもの……30代40代のお兄さんがつけてそうな、ちょっと背伸びした時計が欲しい気もしてて。そういうのってたぶん"成人"とか"就職"とか節目で買う人が多いじゃないですか。でも、何か自分としてはそういうふうに身構えて"よし、この記念に買うぞ"っていう感じじゃなく、ふら~っと買うぐらいの感じがいいんですよね。やっぱいい時計してる人ってかっこいいし、大人って感じがするから憧れる気持ちはあるなぁ」

NEXT

2/2PAGE

次はユーキのダイバーズウォッチ


BULLET TRAIN No.5 YUKI
meets Divers Watch

「ダイバーズウォッチ」とはその名前のとおり″海に潜る人がつける時計″ダイビングに適した機能を持っていて、視認性に特化したデザインが特徴。本格的な「ダイバーズウォッチ」であれば、防水性能200m以上、回転ベゼル(=ダイバーが潜水した際、潜水時間やボンベの残量時間を計る機能のこと)、逆回転防止ベゼル、(スクリューバック=ねじ込み式になっている裏蓋で防水性が高い)、ねじロック式リューズ(=防水性を高めるために、リューズをチューブにねじ込んで固定させること)……という特別な機能が存在する。しかし、安心してくれ。「ダイバーズウォッチ」といっても、なにも海専用ではない。俺は海やプールには行かないゼって人は街でつければいいだけの話。というかむしろ、「ダイバーズウォッチ」は街でつけることにカッコよさがあるというものだ。

■YUKI Coordinate
今シーズン街で流行りの総柄半袖シャツ。ホント、こういう柄モノはユーキの得意分野だよねぇ~。めっちゃ似合っててマジビビる。そこにボリューム感のある「ダイバーズウォッチ」で武骨に見せるあたりはがーさすです、はい。
 

 
■YUKI Interview
――アクセサリーはあまりつけないって前言ってたけど、時計はどう?
「時計もやっぱり……普段はあんまりしないかなあ。アクセサリーとか時計があることによって動きが制限される感覚がちょっと苦手で。印象が締まるし、見た目は好きなんですけどね~。ネックレスも一時期してたけど、出かける前に何かをつけるっている過程がめんどくさいな~ってあるとき思っちゃったんですよね。だからもう、僕は自然体でいようと思った(笑)。サングラスもバッグの中に入れたりしてるけど、やっぱりほとんどかけないんですよね。散歩させてるだけ(笑)!」

――見た目でいうと、どんな時計が好み?
「あ、でも今日つけたやつはアクティブな感じでかわいいと思う! あとは……Gショックも昔から好きですね~。でも最近は大人っぽいシンプルなやつ……3針タイプもイイなって思うようになってきたかも!」

――タクヤはいつかいい時計を買いたいって言ってたけど、そういうのに憧れってある?
「あるある! やっぱり男としては、いつかは"一生モノ"って言えるいい時計を持てるようになりたいですよね。どんなやつがいいとか、具体的なイメージは全然ないんだけど(笑)。ひと目見ていいやつだってわかる時計をサラッとつけられるぐらいの、余裕がある大人になりたいなって思います!」

超特急FASHION DICTIONARY vol.20は8月28日(水)! 乞うご期待!

INFORMATION

■今までの連載記事はコチラ!
超特急FASHION DICTIONARY

■超特急プロフィール
カイ、リョウガ、タクヤ、ユーキ、ユースケ、タカシの6人からなるメインダンサー&バックボーカルグループ。現在、最新シングル「Hey Hey Hey」、SBFツアー最終公演(神戸・ワールド記念ホール)と、WOWOWで生中継されたGEツアー最終公演(大阪城ホール)をYouth Ticket Series最新盤としてBlu-ray化したもの、さらに超特急の冠Web番組「ギラギラ超特急」のBlu-rayが発売中!

超特急オフィシャルサイト bullettrain.jp/
ホールツアーサイト http://bullettrain.jp/euphoria/

■衣装クレジット
タクヤ/レイジブルーのベスト3900円(アダストリア)、ヘインズのTシャツ1500円(ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター)、コモノの時計1万800円(コモノ東京)
ユーキ/マイセルフ アバハウスのシャツ1万3000円(アバハウス 原宿)、セイコー プロスペックスの時計4万円(セイコーウオッチ お客様相談室)

●撮影/杉江拓哉(TRON) スタイリング/小島竜太 ヘア&メイク/青山佑綺子(NICOLASHKA)、スギノトモユキ モデル/超特急

”らしさ”満載〈ディーゼル ウォッチ〉の新作男らしい手元にはこんなギミックの効いた時計で。
PR

”らしさ”満載〈ディーゼル ウォッチ〉の新作
男らしい手元にはこんなギミックの効いた時計で。

そろそろ秋に向けて着こなしをアップデートしたい——。ならまずは、毎日身につける腕時計から新鮮さを足してみない? 〈ディーゼル ウォッチ〉の新作「グリフド コレクション」は武骨なディテールはもちろん服に負けない存在感も魅力。男心くすぐるこの”新顔”は絶対見逃せない! さらに、今回はこの「グリフド コレクション」の4モデルを各1名様にプレゼント。秋冬ファッションを彩る1本をぜひゲットして!

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.02ロゴバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.02
ロゴバッグ

シンプルなアイテムを着ていると、その反動なのかちょっと主張できるものが欲しくなるもの。それはバッグも同じ。とはいえ、主張しすぎるデザインは毎日のコーディネートに合わせるのはちょっと難しい。そんなバッグ選びの悩みに終止符を打てるのが、この〈ディーゼル〉のロゴバッグ。過度に見えないシンプルな書体、だけど地味にならない絶妙なバランス感が最高! 見逃すのはもったいない!

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”
PR

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立
僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”

走れるうえに、洒落ていること――昨今のスニーカーシーンの盛り上がりはこのマインドによる欲求なしには語れないだろう。それはアクティブな趣味を持つ大人たちが、ライフスタイルを謳歌するなかで1足に求める汎用性や機能性を追求し続けてきた結果なのかもしれない。〈ASICS〉の新作“GEL-QUANTUM”シリーズはまさにそんな欲求を具現化した1足だ。

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。
PR

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない
東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。

暑さもすっかり落ち着いてきたこの時季は、街を流して駆け抜けるのに気持ちがよい季節。そんなとき、〈アシックスタイガー〉のスニーカーとウエアは見た目はもちろん、機能的にも心地がいい。今日もいつものスタイルに着替えて、東京ストリートを颯爽と走り抜けていく。

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。
PR

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ
大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。

ラコステといえば“オーセンティック”なデザインを想像する人は多いだろう。そのイメージで間違いないのだけど、ここ最近のラコステはそれだけではない。トレンドでもある“ゆるさ”をシルエットや柄、マテリアルといったディテールワークで巧みに取り入れて、大人が合わせやすいアイテムで流行りのストリート感が表現できる。それは靴も然り。高感度と安定感のハイブリッドはラコステならでは。

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する
PR

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。
日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する

LAやTOKYOなど世界主要都市に旗艦店を持ち、ビッグブランドとして不動の地位を築いたスープラ。にもかかわらずストリートという軸がブレることはない。海外セレブも然り、主張のある靴は世界中にファンがいる。だからこそ、このモデルは日本限定で復刻というローカル感にやられる。ピックアップされたのはスカイトップのセカンドモデル。世界を見渡す靴好きならば、このレア度に共感するはず。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.29

ページトップへ