• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2019.10.18

超特急FASHION DICTIONARY vol.23超特急リョウガ・タクヤ meets SILVER ACCESARY

ファッションが楽しくなる秋に、FINEBOYS Onlineに秋のオシャレを呼び込んでくれるのは、やっぱり我らが超特急! 11月20日(水)にはNEWシングル「Revival Love」の発売、さらには年末年始のライブへとめちゃくちゃ勢いを増している。彼らの連載である『超特急FASHION DICTIONARY』も今回で23回目。今月のテーマは「シルバーアクセサリー」。登場するのは、リョウガ、タクヤの2人だ!

BULLET TRAIN No.3 RYOGA 
meets Bracelet

【Bracelet/ブレスレット】
「ブレスレット」=「腕輪」。いわゆる手首や腕にはめるアクセサリーのこと。デザインは輪状や鎖などいろいろ。素材も金属、木彫、プラスチック、皮革などこれまたいろいろ。『つけたことないけど、何から始めたらいいだろう?』って人は、まずはオシャレな人の手元をじっくり見てみよう。その人はどんな格好に、どんなブレスレットをつけているか。イイな!と思った人からオシャレを拝借しちゃいましょうゼ。シャツの袖をくるくるっと捲るとシルバーブレスレットが1本さらっとつけてある、なんて相当イケてると思うけど。

■RYOGA Coordinate

リョウガのシャツスタイルが果てしなく似合うのは、周知の事実でございます。しかーし、今回は様子が違う!と思ったら、その手元にシルバーブレスをしているじゃないかッ!!!どうりでちょっといつもより男っぽいなーと思ったゼ。

 
■RYOGA Interview

――私物でシルバーアクセは……

「まっっっったく持ってない。つけたことないです(笑)。もちろんカッコイイと思うんだけど、何で買ったことないんでしょうね。僕の……行動範囲に売ってないんじゃないかな? と思うぐらい、シルバーのブレスレットをするのはレアですねぇ。そもそも装飾品初心者なんで……シルバーアクセって何か上級者がしてるイメージがあって"僕がつけていいのかな"ってドキドキしちゃう(笑)。レザーのブレスレットはバッグに入れてたりするんですけどね」

――つけてみてどう?
「服がシンプルでも、やっぱり腕に何かつけてるとおしゃれな感じがしますね。シルバーでもこれぐらいスッキリしたデザインのものなら、僕みたいに腕が細くても浮かない気がしてうれしい。アクセサリーをするにあたって、やっぱりたくましい腕のほうが映えるのかなっていう感覚があるので……これからシルバーアクセサリ―を取り入れていくのであれば、まずは筋トレから始めようかなと思います!」

――他のメンバーはアクセサリ―をつける人が多い?
「タクヤとカイはよくつけてますけど……他はどうだろう。あ、でもイヤリングはね、いっときなぜか僕以外の全員がしてる時期がありました(笑)! タクヤカイタカシはもともとよくしてて、何かよくわかんないけどユースケがそれに感化されて買って、ユーキがまたそれに感化されて買うっていう。"何か全員耳に輪っかついてる‼"ってびっくりしたことはあります(笑)」

NEXT

2/2PAGE

次はタクヤのキーリング

 
BULLET TRAIN No.4 TAKUYA 
meets Keyring

Keyring/キーリング
そもそも「キーリング」とは、カギをひとつにまとめて持ち運ぶためのアイテム。しかし、最近では"アクセサリー"としての役割のほうが大きいかもしれない。ベルトループにかけてワンポイントとして使えば、シンプルなパンツもちょっとグレードアップして見えるし。カタチやデザイン、素材などもさまざまあるが、"シルバー"なら、男っぽい雰囲気が出せそうだ。秋服の買い物で好きなブランドのショップに行ったら、一度アクセサリーコーナーものぞいてみよう。

■TAKUYA Coordinate
モノクロのフォトロンTにデニム。クールな着こなしさえもさらりとこなしてしまうタクヤだけど、シルバーの「キーリング」でさらにクール! シンプルなデニムがカッケーくなったし、うん、改めて……タクヤはカッケー。

 
■TAKUYA Interview
――普段、アクセサリーってつける方?
「つけますよ。今日も私服ではシルバーのブレスレットつけてるし、チェーンのネックレスもよくしてます。昔は数をたくさん持ってたけど、今は本当に好きなやつを厳選して持ってる感じかな。でもシルバーアクセ自体は好きです。同じ金属でもゴールドのアクセサリーってけっこう人を選ぶというか、下手するといかつい感じにも見えちゃうから……もちろん体格とか肌色によるとは思うけど、僕はシルバーがしっくりくるかな」

――「キーリング」は持ってる?
「ちょっと前すごくハマッてた! 仲のいい古着店の人がけっこうジャラジャラにアクセをつける人で、キーリングとかチェーンとかもしてたんですよね。でもそれが嫌な感じじゃなくてかっこよかった。そこに憧れて買ってみました。でも……つけてるとまぁパンツがえらい重たい(笑)。ワイドパンツにサスペンダーとキーリングしてたら、キーリングつけてるとこだけみょんって落ちてきちゃったりして。だからサスペンダーするときはやめようって思いました(笑)」

超特急FASHION DICTIONARY vol.24は11月28日(木)! 乞うご期待!

INFORMATION

■今までの連載記事はコチラ!
超特急FASHION DICTIONARY

■超特急プロフィール
カイ、リョウガ、タクヤ、ユーキ、ユースケ、タカシの6人からなるメインダンサー&バックボーカルグループ。11月20日(水)には、フジテレビ系10月期木曜劇場「モトカレマニア」の主題歌「Revival Love」が発売決定。また12月21日(土)からは、『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2019-2020「Revolución viva」』がスタート。

超特急オフィシャルサイト bullettrain.jp/

■衣装クレジット
リョウガ/ビームスのシャツ14000(ビームス原宿)、アバハウスのパンツ14000円、フィリップオーディベールのブレスレット11000(アバハウス 原宿)

タクヤ/オフ セーフティのカットソー1800(アート ハビタット ショールーム)、パンツ1万円(ティーケータケオキクチ)、サンクのキーリング13000(ハンドイントゥリーショールーム)、その他スタイリスト私物

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.04ナイロンバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.04
ナイロンバッグ

大学の通学用にしろ、友達と遊ぶ用にしろ、使い勝手や合わせやすさを考えると黒などのシンプルなバッグが正解。だけど、その中にもこだわりを持ってバッグを選びたい人も多い。そこでオススメなのが〈ディーゼル〉のナイロンバッグ。高級感のあるツヤッとした質感に、ミリタリーを思わせるディテールが何とも男らしい。シワになりにくく汚れもつきにくい、さらに軽くて丈夫とあって文句のつけどころがない!

<ディーゼル オン> meets 中川大志ファッション感覚で楽しむ新作スマートウォッチ
PR

<ディーゼル オン> meets 中川大志
ファッション感覚で楽しむ新作スマートウォッチ

ディーゼルの時計は、一目でそのブランドだとわかるユニークかつファッショナブルなデザインが特徴。今回の新作「AXIAL SMARTWATCH(アクシアル スマートウォッチ)」も、例に漏れずディーゼルらしさが随所に表現された注目モデルだ。タッチスクリーン式のアニメーションダイヤルやファッショナブルなデザインは、まさに”次世代”を感じさせる佇まい。数多くの話題作に出演し、同じく”次世代”を担う俳優として活躍を見せる中川大志がつけこなす。

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”
PR

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立
僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”

走れるうえに、洒落ていること――昨今のスニーカーシーンの盛り上がりはこのマインドによる欲求なしには語れないだろう。それはアクティブな趣味を持つ大人たちが、ライフスタイルを謳歌するなかで1足に求める汎用性や機能性を追求し続けてきた結果なのかもしれない。〈ASICS〉の新作“GEL-QUANTUM”シリーズはまさにそんな欲求を具現化した1足だ。

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。
PR

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない
東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。

暑さもすっかり落ち着いてきたこの時季は、街を流して駆け抜けるのに気持ちがよい季節。そんなとき、〈アシックスタイガー〉のスニーカーとウエアは見た目はもちろん、機能的にも心地がいい。今日もいつものスタイルに着替えて、東京ストリートを颯爽と走り抜けていく。

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。
PR

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ
大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。

ラコステといえば“オーセンティック”なデザインを想像する人は多いだろう。そのイメージで間違いないのだけど、ここ最近のラコステはそれだけではない。トレンドでもある“ゆるさ”をシルエットや柄、マテリアルといったディテールワークで巧みに取り入れて、大人が合わせやすいアイテムで流行りのストリート感が表現できる。それは靴も然り。高感度と安定感のハイブリッドはラコステならでは。

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する
PR

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。
日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する

LAやTOKYOなど世界主要都市に旗艦店を持ち、ビッグブランドとして不動の地位を築いたスープラ。にもかかわらずストリートという軸がブレることはない。海外セレブも然り、主張のある靴は世界中にファンがいる。だからこそ、このモデルは日本限定で復刻というローカル感にやられる。ピックアップされたのはスカイトップのセカンドモデル。世界を見渡す靴好きならば、このレア度に共感するはず。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14

ページトップへ