• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2020.02.10

イケてるヘアを作る美容師ってどんな人? vol.18美容師名鑑<MINX harajuku(ミンクス ハラジュク)・近藤拓人さん>

ヘアスタイル連載「人気美容師に聞く!モテ髪理論」と連動して、勢いのある美容師にインタビューする「イケてるヘアを作る人ってどんな人?美容師名鑑」。第18回は、MINX harajuku(ミンクス ハラジュク)のトップデザイナー・近藤拓人さんにフォーカス。原宿駅から歩いて1分という、流行の最先端で美容師をしている近藤さん。仕事のポリシーから得意のヘアスタイル、読者の僕らが”モテるため”に必要だと思うことなどを語ってもらった!

MINX harajuku(ミンクス ハラジュク)・近藤拓人さん

ミンクス ハラジュクのトップデザイナー。骨格や顔型に合わせたカットや、やわらかなカラーリングにこだわりを持つ。趣味はスニーカーを集めること。カラーリングやスタイリング解説の動画をYoutubeでアップ中!

このモテ髪を作った人!


人気美容師に聞く!モテ理論」では、重さを残したショートマッシュをベースに、襟足を長めに設定することでウルフヘアのようなニュアンスを表現。服がよりオシャレに見えるトレンド感と、女子ウケに必要な男っぽい色気を持ち合わせたヘアスタイルを披露してくれた。

ミンクス ハラジュク・近藤拓人さんにインタビュー

人気美容師は元・坊主の野球少年!

―――東京に5店舗を展開し、女性から厚い支持を得ている大手サロン、ミンクス。その原宿店で女性カットに止まらず、メンズカットにも力を入れているのが近藤さんだ。

「僕は中学生まで野球に打ち込んでいたので、髪はもちろん坊主。高校で野球を卒業してからは校則ギリギリの範囲で髪をいじることに熱中していました。その頃からヘアスタイルやファッションに興味を持っていたので、進路を考えたときに自然と美容師が浮かんできたんです」

―――地元の長崎を離れ、専門学校は福岡に。そしてさらなる成長を求め、東京に上京することになる。

「福岡の専門学校に通っているうちに、美容師をやるからには日本の中心で働きたいという思いが強くなりました。そして新卒でミンクスに入社し、今は6年目になります。高校生の頃から自分で髪をスタイリングすることが好きだったので、入社当時からメンズスタイルには自信がありました」

―――東京で思いっきり美容師をやりたいと思った当時の近藤さん。ミンクスの何に惹かれて入社を決めたのだろう?

「専門学生の頃は、いずれは独立して自分のお店を持ちたいという思いがあって。なので、美容師の基礎となるであろう最初の店舗は、技術がしっかり身につけられるところがいいなと考えたんです。そこで真っ先に思い浮かんだのがミンクスでした。専門学生の頃に、講師として学校にきていたミンクスの美容師を覚えていたんです。難しいカットを完璧にこなしていた姿が印象的だったんですよね。実際に入社して働いてみても、ミンクスの技術力はほかのどのサロンよりもしっかりしていると自負しています。おかげで日々のサロンワークだけでなく、こうしてメディアで取り上げていただくことも多いです」

―――”技術力”に定評があるミンクス。そんなお店の”基礎”を自分のものにした近藤さんの得意分野は?

「僕はもともと女性のカラーが得意だったのですが、今はメンズカットにも力を入れています。女性は髪が長い分、言ってしまえばカットに”ごまかし”がきくけれど、髪の短いメンズはそうはいかない。生まれ持った頭の形が出やすいので、骨格に合わせたシルエットにはとくに注意を払っていますね。面長は切り込みすぎると上にボリュームが出てしまうので、横に丸みをもたせてあげたりとか、丸顔の人は菱形のシルエットを意識したりとか。あとは、トレンドをヘアスタイルに反映させることも得意です。意外と女性より男性のほうが、髪型に対するトレンドに敏感なんですよね。今どんな髪型が流行っているのかを聞かれることももちろん多いので、つねにリサーチして提案できるようにしています」

―――そんな近藤さんのアンテナを信頼して、”お任せで”とオーダーするメンズも多いそう。

「若い世代のお客さんからは、”お任せで”や、”流行っているやつで”とオーダーしてもらうことが多いです。自分の髪型もつねにトレンドや、いい!と思ったシルエットを取り入れるようにしています。そのほうがヘアを提案するときに説得力があるし、お客さんも安心できると思うので。今はウルフヘアが人気ですが、最近はウルフから次のスタイルへの展開の仕方を模索中。パーマをかけるのか、センター分けにするのか……アレンジのしがいがありそうです」 

ロンTはシュプリーム、パンツはフラグスタフです。ファッションはストリートっぽい格好が定番。普段から動きやすいゆるめのサイジングが多いですね。

趣味はスニーカー集め。これは海外サイト限定の「ナイキ エア ジョーダン プロト マックス720」買ったばかりでまだ履いていません! 

 
―――つねにトレンドを意識し、FINEBOYS読者世代にも寄り添う近藤さん。やりがいや喜びを感じるのはどんなとき?

「長くサロンに通ってくれているお客さんの、人生の節目を報告してもらったときはうれしいですね。学生時代から担当しているお客さんが、就職したり結婚したり……。親心みたいな気持ちで、ついつい泣きそうになります(笑)。その度、長く関係性を築くことができて本当にうれしいなと実感しますね。1回きりのお客さんはもちろんいますけど、できれば長くお付き合いしていきたい。日々そう思いながらサロンワークをしています。あとは、お客さんからSNSでスタイリングの仕方を質問をされるのもうれしいです。頼ってくれているんだな、と仕事のモチベーションになります。文章で伝えるのはなかなか難しいのですが、できるだけ丁寧に返事をするよう心がけています」

―――最後に、前回のモテ髪企画にちなみFINEBOYS世代が”モテるために必要なこと”を聞いてみた。

「答えるのが難しいですね〜(笑)。モテるために必要なこと、というと僕も悩んでしまうのですが、女性から好きになられるだけじゃなくて、性別問わずに人を惹きつけられる人は尊敬できるなと思います。そういう人って、性格がポジティブなだけじゃなく、ヘアもファッションもライフスタイルも、新しいことをどんどん取り入れられるチャレンジ精神があるんですよね。そんなパワーあふれる人が、男女関係なしにモテるんだと思います!」
「ヘアカットにこだわりがある人、髪にお悩みがある人、ぜひ来てください。本物の技術を求めている人には、絶対に満足してもらえるサロンだと思っています!」

ーーーーーーーー
近藤さんが考案したモテ髪はコチラ
「人気美容師に聞く!モテ髪理論」過去回はこちら!

INFORMATION

MINX harajuku(ミンクス ハラジュク)
東京都渋谷区神宮前1‐13‐14 原宿クエストビル B1
営:11:00~21:00(月・水〜金)、10:00〜20:00(土)、10:00〜19:00(日)
休:火曜※祝日の場合は営業
TEL:03-3470-3301
URL:minx-net.co.jp

近藤さんのSNSはこちらから!
Instagram
hotpepperbeauty
Youtube

 



撮影/菊池貴裕 モデル/石橋崚祐

NEWS!〈ザ・クロックハウス〉オリジナルブランド初のデジタルウオッチ、デビュー!街使いに最適な“レトロ顔デジタル”!
PR

NEWS!〈ザ・クロックハウス〉オリジナルブランド初のデジタルウオッチ、デビュー!
街使いに最適な“レトロ顔デジタル”!

〈ザ・クロックハウス〉オリジナルブランドから、ついにデジタルウオッチが登場!限定品を含む10モデルを一挙にラインナップさせ、タウンカジュアルな着こなしにベストな1本を提供する。

〈ザ・クロックハウス〉オリジナルウオッチのもうひとつの選択肢高見えの“リーズナブルシリーズ”
PR

〈ザ・クロックハウス〉オリジナルウオッチのもうひとつの選択肢
高見えの“リーズナブルシリーズ”

すべて1万円以下と驚くほどにリーズナブルなのに、“高見え”なグッドデザイン。〈ザ・クロックハウス〉オリジナルウオッチには、そんな優等生なシリーズも展開されている。

Everyday Enjoy Giftペアウオッチなら“いつまでも一緒にいたい”想いが伝わる!
PR

Everyday Enjoy Gift
ペアウオッチなら“いつまでも一緒にいたい”想いが伝わる!

特別な二人でいたいから。ペアウオッチは、そんな想いを形にできる便利なツール。“出会って3カ月目”などちょっとした記念日に贈るギフトとしてもちょうどいい。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2020春夏
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.17
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS

ページトップへ