• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2019.07.10

ラウンダバウトのデザイナー藤原裕和さんの捨てられないTシャツ3枚

普段、何気なく袖を通しているTシャツ。キミは「絶対に捨てたくない!」と思うようなTシャツがワードローブに存在するだろうか。今回〈ラウンダバウト〉のデザイナー藤原裕和さんに、Tシャツについて話を聞いたところ、一生大切にしたいTシャツがあるという。その中身は”思い出”であふれていた。Tシャツ1枚1枚に込められたストーリーをご覧あれ!

PROFILE

藤原裕和さん
大学を卒業後、就職したのは意外にも食品メーカー。その後、〝好きなことを仕事にする〞をモットーに古着店へ転職。2010年には自身のブランド、ラウンダバウトを創設した。それではそんな藤原さんの手放せないTシャツを見ていこう!

01
チャンピオンの'80年代リバーシブルTは
オーナーに無理を言って購入しました

「古着店の販売員時代、とにかくリバーシブルTシャツが好きで約30枚くらい集めていました。そんなある日、オーナーが『買い付けに連れてってやる』と言ってくれて、アメリカへ買い付けの付き添いをしたんです。そのときデッドストックで見つけたのがこのTシャツ。本当はお店で売らなければならないアイテムだったのですが、オーナーに無理を言って買わせてもらいました。完全にひと目ぼれでしたね。それと、はじめて買い付けを同行した日に、自分で見つけたTシャツを手に入れたかったという動機もあります。かなり着倒したので、今は色があせていますが、当時はすごくキレイな紫だったんですよ。これから先も絶対に手放したくない記念すべきTシャツです!」

「この色落ち具合にアジがありますよね。またリバーシブルならではの分厚い生地感も特徴です」

02
サンデイズ ベストのインアンドアウトバーガーTは
アメリカで買い付けをした思い出が蘇る!

「アメリカへ買い付けに行くたびに通っていたインアンドアウトバーガーというハンバーガー店があるんです。そのお店がプリントされたTシャツを昨年、友人が着ているのを見て大興奮。大袈裟ですが10年ぶりに好きな人と再会したみたいな感情でした。まぁ日本にはないハンバーガー店なので、着ている本人はなんで僕がこんなに興奮しているのかわかっていないようでしたけど(笑)。それからサンデイズ ベストで売られていると聞いたのですがすでに完売状態。でもその友人が後日、再販されているのを見つけて買ってきてくれたんです。うれしかったですねー。これを見ると買い付けの大変だった日々や、そのときに食べたハンバーガーの味が蘇る。僕の中で価値あるものです」

「バックシルエットにはお店の外観が大胆にプリントされていて、すごく懐かしさを感じます」

03
アナログのオリジナルTは
ブランドを支えてくださった大事なお店の1枚です

「取引先が1社も決まっていなかったブランド設立時、洋服のサンプルを持って全国を夜行バスで回っていた時期がありました。でもどのお店も相手にしてくれず……心が折れかけたときに、いち早くお取り扱いを決めてくださったのが、愛知県にあるセレクトショップ、アナログでした。何年か経ったあと、なぜあのとき取引してくださったのかオーナーに聞いたら、『この子に服作りをやめさせちゃいけない、と何故か思ったんだよね』と話してくれて、涙があふれましたね。この恩は絶対に忘れたくないし、いつか返したいと心に決めた瞬間でした。このTシャツは、そんな思い入れの強いアナログが2年前、豊橋市から豊川市に移転した際に製作されたもの。大事に着ています」

思い入れのあるTシャツを持っていれば、アルバムを見る感覚で当時の思い出に浸れる。自分にとって記念すべき日に買ったTシャツや、好きなブランドの1枚は大切にしたほうが良さそうだ。

そのほかのオシャレ業界の私物Tシャツ記事がこちら!
ビームス前田太志さんに聞いた!10年以上大事にしているTシャツ×3
オーシャントーキョー高木琢也さんが溺愛しているTシャツ独占スクープ!
ディーゼル桑野宏一郎さんの私物Tシャツがオシャレすぎる件
アーバンリサーチ柳堀佑太さんに聞いた!心のマイベストTシャツ3選
フリークスストアのイケメンスタッフ、八巻宏輔さんが推すTシャツ3枚
ジャーナルスタンダード久世直輝さんの手放せないTシャツ3枚
オシャレすぎる美容師Ryutaroさんのお気に入りTシャツを特別公開!

●撮影/藤本孝之
※掲載ブランド、価格は自己申告によるものです。ブランドへの問い合わせはご遠慮ください

”らしさ”満載〈ディーゼル ウォッチ〉の新作男らしい手元にはこんなギミックの効いた時計で。
PR

”らしさ”満載〈ディーゼル ウォッチ〉の新作
男らしい手元にはこんなギミックの効いた時計で。

そろそろ秋に向けて着こなしをアップデートしたい——。ならまずは、毎日身につける腕時計から新鮮さを足してみない? 〈ディーゼル ウォッチ〉の新作「グリフド コレクション」は武骨なディテールはもちろん服に負けない存在感も魅力。男心くすぐるこの”新顔”は絶対見逃せない! さらに、今回はこの「グリフド コレクション」の4モデルを各1名様にプレゼント。秋冬ファッションを彩る1本をぜひゲットして!

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.02ロゴバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.02
ロゴバッグ

シンプルなアイテムを着ていると、その反動なのかちょっと主張できるものが欲しくなるもの。それはバッグも同じ。とはいえ、主張しすぎるデザインは毎日のコーディネートに合わせるのはちょっと難しい。そんなバッグ選びの悩みに終止符を打てるのが、この〈ディーゼル〉のロゴバッグ。過度に見えないシンプルな書体、だけど地味にならない絶妙なバランス感が最高! 見逃すのはもったいない!

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”
PR

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立
僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”

走れるうえに、洒落ていること――昨今のスニーカーシーンの盛り上がりはこのマインドによる欲求なしには語れないだろう。それはアクティブな趣味を持つ大人たちが、ライフスタイルを謳歌するなかで1足に求める汎用性や機能性を追求し続けてきた結果なのかもしれない。〈ASICS〉の新作“GEL-QUANTUM”シリーズはまさにそんな欲求を具現化した1足だ。

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。
PR

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない
東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。

暑さもすっかり落ち着いてきたこの時季は、街を流して駆け抜けるのに気持ちがよい季節。そんなとき、〈アシックスタイガー〉のスニーカーとウエアは見た目はもちろん、機能的にも心地がいい。今日もいつものスタイルに着替えて、東京ストリートを颯爽と走り抜けていく。

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。
PR

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ
大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。

ラコステといえば“オーセンティック”なデザインを想像する人は多いだろう。そのイメージで間違いないのだけど、ここ最近のラコステはそれだけではない。トレンドでもある“ゆるさ”をシルエットや柄、マテリアルといったディテールワークで巧みに取り入れて、大人が合わせやすいアイテムで流行りのストリート感が表現できる。それは靴も然り。高感度と安定感のハイブリッドはラコステならでは。

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する
PR

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。
日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する

LAやTOKYOなど世界主要都市に旗艦店を持ち、ビッグブランドとして不動の地位を築いたスープラ。にもかかわらずストリートという軸がブレることはない。海外セレブも然り、主張のある靴は世界中にファンがいる。だからこそ、このモデルは日本限定で復刻というローカル感にやられる。ピックアップされたのはスカイトップのセカンドモデル。世界を見渡す靴好きならば、このレア度に共感するはず。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.29

ページトップへ